2016.11.08

シートポストのサドルクランプボルト破断

Columbus XLR8R SEATPOST 's clamp bolt is broken

大平高原から大平峠(木曽峠)への登坂中に、「ボキッ」という異音の後に部品の脱落音があり、サドルにも違和感が・・・。

あわてて止まり降車したら、サドルが外れた。

道路を戻ると、シートポストのやぐら部品と折れたクランプボルトが落ちていた。

Columbus XLR8R SEATPOST 's clamp bolt is broken

シートポストはColumbus XLR8R SEATPOSTという10年ほど前の製品。

ボルト周りの錆と経年劣化が破断の原因だろうか?

応急修理もできない故障なので、サドルバッグからサコッシュを取り出して、サドルとサドルバッグにシートポストの部品をサコッシュに入れて肩から提げ、立ち漕ぎとトップチューブに座ってのクラウチングスタイルライディングで帰宅した。


このシートポストのサドルクランプボルトのネジピッチはM7で、JIS規格にはない特殊なもの。

しかも、六角穴の頭はM6ボルトと同径で、ドーム型のワッシャー部を持つ専用品だ。

代理店を通じて入手できそうか確認したが、Columbus XLR8R SEATPOST自体に正規輸入された記録が無く、10年前のモデルでもあり手配は無理だろうとの回答だった。

メーカーに直接確認することも考えたが、M6のボルトの頭がちょうど良いサイズなら、M7のナット側を8mm径のスルーホールへ加工して、キャリパーブレーキ取付に使うM6の沈頭ナットを埋め込んでしまえば良いと考えた。

M6の六角穴付きボルトなら、ホームセンターで適当なものが安価に入手できる。

クランプボルトの方は、ネジが切られている部分は必要最小限で、ほかは丸棒になるような長さのステンレスボルトをホームセンターで購入して、最適な長さにカットして使用した。

| | トラックバック (0)

2016.10.20

リヤタイヤ交換

摩耗したロードバイク用タイヤ

リヤタイヤは、きっかり5千キロメートル使用した。

補給のかなわない人里離れた場所を走ることが多いから、この程度で交換する。

新品のタイヤはワックスが付いているので、はじめのうちは曲がる時に急加速などしないように注意する。

走り初めて最初の交差点で旋回中に踏み込んだため、派手にすっ転んだことがある。

小渋ダム湖四徳方面

陣馬形山から南アルプスを望む

小渋ダムから折草峠を経て、陣馬形山山頂と林道を一巡りしてきた。

陣馬形山の山頂で、南信濃和田宿のふじ姫饅頭を食べた。美味かった。


大嶺山の山腹道を下っている時に、左腿に虫と思しきものがぶつかった。途端、激痛が走る。

痛みが消えないので、停車して様子を見ると、肌が紫色に変色しているように見える。痛みは続いている。

口が付けられる場所なので、気休めに痛みの場所を吸って唾を吐き出すのを繰り返した。

再び走り出したところ、痛みは無くなったようだった。

ところが、帰宅したら右半身に帯状発疹が出た。
虫さされが原因なのか、山頂で食べた蕎麦饅頭がアレルゲンだったのか・・・。

蕎麦は今まで問題になったことは無いし、ふじ姫饅頭も初めてじゃない。

まぁ、こんなこともあるよね。ってことで、新しいタイヤだったけど、転ぶことなくサイクリングを終えられた。

それにしても十月も下旬と言うのに、夏日が戻って暑かった。

| | トラックバック (0)

2016.10.16

リヤシフトケーブル破断

陣馬形山からの帰り、自宅まで3kmほどのところでリヤシフトケーブルが切れる感触があった。

シフトケーブルはワイヤーの縒り線で、何本かは切れずに残るので自宅まで保つだろうと思ったが、次のシフト操作で完全に破断した。

レバーをトップまで戻し、あとはリヤの変速操作をしないように気を付けて帰宅した。

ロードバイクのリヤシフトケーブル破断

破断したケーブルはユニコのテフロンコーティングワイヤ

昨年の11月16日に交換して、5900km使ったところで切れた。まぁ、寿命なのかな。

ちょうど和田サイクルさんでシマノのロード用SUSシフトケーブルを買ってあったので、帰宅後にすぐ交換した。

| | トラックバック (0)

2016.10.12

ブレーキシュー換えたら、タイヤも交換時期と知る

交換時期を過ぎたブレーキシューとタイヤ

普段使いのCR1のリヤブレーキシューの交換を先延ばしにしていたが、キャリーミーのリヤブレーキシューをテクトロからシマノのBR-7800用へ換えたので、シューが余った。

ロードのリヤブレーキはフロントほどの制動力を必要としないため、交換時期を幸いにキャリーミーから外したテクトロのシューへ換えた。

多くのユーザーから絶大な信頼を寄せられるシマノのブレーキシューも、交換サイン以上に削り込むと極端に制動力が落ちる。

それでも、リヤブレーキだから、あまり気にせずにシューとの接触を気にするほどまで使い込んでしまった。


ブレーキシューを交換していたら、リヤタイヤも交換時期を過ぎていることに気付いた。

一昨日に掃除した時にはこんなではなかったので、昨日一日でトレッドが擦り切れてしまったようだ。

STRAVAの記録を見ると、4500km以上使っている。

寿命としては適当だろう。

このタイヤは十年近く前に海外通販で大量に購入したもの。まだ数本の在庫があったはずだ。

| | トラックバック (0)

2015.12.21

曲がった、割れた…

下り坂で段差越えのため車体をジャンプさせたら、左のクリートが外れてしまった。

落車はまぬがれたものの、サドルに尻餅をつく格好になってしまった。

その後、座面に違和感があったので、サドルを見たら、先端がお辞儀していた。

止まって確認すると、サドルレールが曲がり、サドルレール先端固定部は破損、サドル座面も穴あき部左側が折れていた。

一応、サドルに座ることはできる。

応急処置として、サドルレールの曲がりが中央に来るように、そしてサドル全体が水平になるように固定し直した。

破損したサドル

デッドストックを下ろしたばかりなのに残念だったが、怪我をしなかったのは幸いだ。

| | トラックバック (0)

2015.12.13

消耗部品の交換ラッシュ

11月27日、初雪が降った日にCR1のボトムブラケット(BB)が壊れた。

前日の夕方、右ペダルに違和感を覚えた。

陣馬形山からの帰宅途中、「ガチン」と右ペダルが鳴った。そして、踏み込む度に「カチン、カチン」と異音がするようになった。

ペダルの問題だと思い、帰宅後にペダル軸を分解して、軸受をグリスアップした。

しかし、翌日も異音は解消せず、信号待ちでふと右のクランクに目をやったところ、BBからナイロンワッシャ―のような黒い物体が落ちかかっているのに気付いた。

ナイロンワッシャ―のような物は、BBのベアリングを包む樹脂パーツの残骸だった。

BBを交換する必要がある。


自宅から自転車で10分ほどの場所に卸売団地があって、そこに「自転車のトライ」の本部がある。

ちょうど一年ほど前から店頭販売を始めたそうなので、シマノ・ホローテックII用のBBの在庫を求めて行ってみた。

SM-BB5700の在庫があったので、これ幸いと思ったが、あいにくとイタリアンだった。

JIS用は新型のSM-BBR60しかなかった。外径が小さくなって、軽量化されている。

外径が小さいので従来工具は適応しないが、強化樹脂製のスペーサーが同梱されているので問題ない。

アルテグラグレードながら2千円足らずだったので、SM-BBR60を使ってみることにした。

壊れたSM-BB6700

早速BBを交換する。

クランクを外したところ、ボールベアリングがこぼれ落ちてきた。

SM-BB6700の右ワンは、写真の様な有様だった。

かれこれ1万キロメートルは使ったのかな?ちょっと無頓着すぎたね。

さくっと交換。

SM-BBR60はワンが小さくなって取り付け外しに不安を覚えたが、同梱のTL-FC25と従来工具との勘合が抜群で使いやすく調子が良かった。

これなら、工具との勘合部分をなめることもなく作業ができる。


先月初旬にリヤシフトワイヤーが切れかかって交換した。

ユニコのテフロンコーティングワイヤだったが、こいつは寄り線がシマノより細く、ワイヤ全体の径も小さい。

だからか知らないが、ちょっと駄目になるのが早すぎる。シマノの三分の一程度の耐久性と感じた。

もう一本このワイヤをストックしていたから同じ物へと交換したが、今後はシマノの純正かAddictで使っていて調子も良いジャグワイヤ製のみとしたい。


一昨日はチェーンが伸びていることに気付き、トライでCN-HG95を買ってきて交換。

ロード用の10Sなら、現行モデルはCN-6701が適当だろうが、MTB用でも10S用なら問題ない。

壊れたBBをSM-BBR60へ換えたときは異音が無くなった程度しか違いを感じなかったが、伸びたチェーンを新しくした効果は絶大。

動作音は静かになるし、変速性能の向上も実感できる。しかも、使っていたCN-7801の初期時よりも動きが滑らかな感じもする。

それもそのはずで、デュラエースとはいえCN-7801はHGグレードに対し、CN-HG95はHG-X。

CN-HG95は特殊表面処理“SIL-TEC”で滑らかさが向上している。しかも、HG-Xはチェーンプレート自体が左右非対称設計となって、変速性能も高い。

ロード用のCN-6701の表面処理は旧来タイプ。プレート裏面に肉抜き加工があって軽量化されているが、CN-HG95との重量差はカタログ値で1グラムしかない。

肉抜き加工は耐久性に不安があるし、実際にCN-6700でクラックが入る不具合もあってCN-6701へとマイナーチェンジされた。肉抜き部に汚れが溜まるのも気になる。

10S用のHG-Xなら、ロードでもCN-HG95の方が満足度は高いと感じた。

AddictのチェーンもCN-HG95へ変えたくなった。


シマノの製品は高性能な上、他社に比べて安価だ。とは言え、こうも交換時期が重なると財布に響く。

リヤタイヤもブレーキシューも交換時期を迎えている。やれやれだ。

| | トラックバック (0)

2015.05.27

リア用セーフティライトの取り付け位置変更

SCOTT CR1 リア用セーフティライトの取り付け位置変更

サドルバッグをRIXEN&KAULマイクロボトルバッグへ変えたところ、リア用セーフティライトが見難くなった。

そこで、取り付けバンドを替えて、セーフティライトの位置を下げてみた。

従来使っていたのは、キャットアイのキャットアイ SP-10というブラケット。

元々シートポストクランプ下のシートチューブにブラケットを取り付けたかったのだが、SP-10ブラケットのバンドの長さが足りず、シートポストに付けている。

今回、キャットアイ SP-11ブラケットを新調して、シートチューブへ取り付けなおした。

なお、SP-11ブラケットを単品で購入するよりも、SP-11を付属するオムニファイブセーフティライトを買ってしまった方がよさそうだ。

| | トラックバック (0)

2014.02.01

極楽峠雪中行、しかも途中で道が消えていた

午前中はなにかと忙しく、昼過ぎてやっと時間ができた。

今日は正月に引き返した極楽峠を下條村側から越えた。

思った以上に雪が残っていて、林道の三分の二以上を歩くことになった。

2014年2月1日極楽峠

今日もあたたかかったが、午後から薄曇り。

極楽峠パノラマパークからの眺望も、霞みがかっている。

2014年2月1日極楽峠から飯田盆地を眺む

極楽峠周辺は、20センチメートル以上の積雪。標高1200メートルを超えるのだから当然か。

車の轍は凍っているし、雪が残る場所はシューズが潜るほど。
陣馬形山の登山道を登るよりも疲労が大きい。そのうち、雪が深くなって、自転車を担がないと進めなくなった。

浪合側は南面なので雪が少ないだろうと高を括っていたが、下條側とそれほど変わらなかった。

それもそのはず、数百メートルほど下ると林道自体が無くなっていた。

極楽峠林道崩壊箇所

昨年9月16日の台風18号で鉄砲水が発生して、林道が流されてしまったらしい。

別荘エリアまでは車が通れるように土砂は片付けられていたが、そこから崩壊場所までは現状放置されているようだ。

沢になった林道を渡る際、足元が滑って、危なく流れに落ちそうになった。

浪合の集落へなんとかたどり着くと、時間は午後4時。天龍村方面へまわると日没過ぎてしまう。

雪と杉や唐松の枯れ葉まみれになっている自転車を沢で洗い、国道151号へ出て寒原峠を越えて最短距離で帰宅した。

ちなみに、寒原峠の温度計は5度。
グローブにウィンドブレークミトンを被せて、駒場まで一気に下った。


風呂で体重を量ったら、やっと下降傾向。身体が脂肪を燃焼しやすいモードへ入ったのだろう。

今月末には、元の体重まで戻せるかな?

| | トラックバック (0)

2014.01.25

丈夫なホイール

Scott CR1と南アルプス

午前中にエアコン室外機の移設準備を終え、午後から少し走ってきた。

南南東の風。往路は追い風だったが、思いの外にスピードが出なかった。

60kmほど走ったところで日没。


走っている途中でリアホイールに2mmほどの横振れが出ているのに気付き、帰宅後に振れ取りをした。

SCOTT CR1のリアホイール周りは作りがタイトで、25cのタイヤを履かせると、クリアランスはぎりぎり一杯。
タイヤのトレッドに砂が付くと、シートステイブリッジに擦ってしまう程だ。

チェーンステイ内側もぎりぎりなので、ホイールの振れが大きくなるとタイヤのサイドが当たってしまう。

チェーンステイにタイヤが当たりそうになっていたので、慌てて振れ取りをした次第。


使っているホイールはマビックのキシリウム・エキップ。エアロスポークになる前のモデル。

けっして軽いホイールではないが丈夫なホイール。
今年8年目で5万キロほど使っているが回転は滑らか、振れ取りも今回が初めてだった。

このホイールは振れないものと勝手に思い込んでいたので、振れているのに気付いて、ちょっと吃驚してしまった(笑)。

| | トラックバック (0)

2014.01.05

正月気分も今日まで?

2014年1月5日高森町ハーモニックロードより南アルプスを臨む

午後からロードバイクで走りへ出かけた。

高森町のハーモニックロードから松川町の片桐松川、伊那街道を飯島町で中川村へ折れて天竜川を渡河。
そのまま天竜川左岸を南下というコース。

ハーモニックロードは高森CC前の北斜面がアイスバーンのまま。他は乾いていた。

その他の道路は、路肩にも雪が残っていない。

冬のトレーニングでは、コース往復80kmを3時間というペースが基本メニューだった。

今はそんな体力が無い。取り敢えず、体重をなんとかせねば。

灯火類を付けていたが、使うことなく帰宅。今日も往復できず。


帰ると、なぜか長女H氏が出かけるところだった。明るいうちに書き初めを終えるために一時帰宅したそうだ。

今日書くなら、言っておいてくれたら一緒に書けたのに残念。
半紙も書き初め用紙も余っているので、後で書いたら?とみーちゃん氏に言われた。

長女H氏はさらさらっと四枚ほど書いて提出用へ署名して、そそくさと塾へと戻るところだったそうだ。


南南西の空に三日月が掛っている。長男S氏が望遠鏡で見たいと言うので、夕食前に一緒に見た。

2014年1月5日


今朝、ふと思い立ってラブジョイ彗星を撮りに出かけたが、間抜けなことにしぶんぎ座流星群のことを失念していた。
昨日の朝がピークだったそうな。

今朝はしぶんぎ座群と思われる、速い流星を2つほどは見かけた。

昨日は早朝に起き出せるような体調ではなかったが、位置的にラブジョイ彗星と流星、さらに南アルプスとを同一フレームで捉えられる絶好の機会だっただけにもったいなかったな。

そう言えば、和田サイクルさんの新春ポタも昨日だったのね。

先月に和田さんからお電話いただいた。
腰痛もすっかり癒えて、多忙ながら愛犬のサリーちゃんとの散歩は欠かせないみたい。
忙しすぎるのも羨ましいかぎり。お元気で何よりです。

あまりに忙しく、メール対応が難しくなって、遠方からのお問い合わせは電話のみ対応へとなりつつあるそう。

HPが犬ブログ化で、犬はもう沢山って言われてしまったとか・・・。リフレッシュも難しいですね。

次女Y氏が上京中なので、和田サイクルさんで買い物してきて欲しいところ。
サイクリングへ出かけてる間に、急に思い立って行ってしまったので、お使いを頼めなかった(苦笑)。

そんなY氏も、明日は満ち足りた気分で帰宅するだろう。

今年は和田サイの新年ポタへは参加できなかったが、地元を走って楽しんでいる。

怪我することなく、迷惑をかけることもなく、自転車を楽しめますように。ってのが三つ目の願いかな。

| | トラックバック (0)