2010.10.28

木枯らしの中、晩秋の陣馬形山へ

雪こそ降らなかったが、予報通りに気温は冷え込み、例年より一週間近くも早く木枯らしが吹いた。

気温は12度。裏地起毛の長袖ジャージに、指先まであるグローブを出した。

冷え込んでいるし、晴れて来てもいる。久しぶりに澄んだ空の下、中央アルプスや南アルプスの山並みを楽しめるかも知れないと、陣馬形山へ上ってみた。

月曜日の雨で、昨日の大平街道は水を含んだ杉や針槐の落ち葉に覆われていた。
タイヤのグリップは落ちるし、自転車やジャージも汚れるしで走りにくく、大平峠のトンネルを抜けた先で引き返してしまった。

陣馬形林道も落ち葉で一杯と思っていたが、意外にも路面は綺麗で走りやすかった。
日当たりが良いためか、大平街道よりも紅葉の進みが遅いのかも知れない。

ちょうど山頂へ着く頃、上空に残っていた雲が消えて晴れ渡った。しかし、アルプスの頂にまとわりついた雲は消えず、霞む山肌にはうっすら積もった雪が見えている。

折角だからとパノラマ写真を収めて、帰路へとついた。全画面表示はこちら

前照灯を忘れたと心配したが、75kmの周回も3時間ちょっとで帰ってこられるようになっている。
おかげで、長女をみーちゃん氏にまかせて、長男を歯医者さんへ連れて行くこともできたな。

| | トラックバック (0)

2010.10.11

秋晴れのしらびそ峠

坂隊BBSでしらびそ行のお誘いがあったので、赤石峠越えとしらびそ高原からの帰路をご一緒させていただいた。

久しぶりにzoolooさんが参加。これから身体作りとの事。

今日は久し振りの快晴。程野から上って来るメンバーをしらびそ高原で待つ間、パノラマ写真を撮ってみた。
紅葉はあと一歩かな。今週末あたりがピークかも知れない。カラマツが少し色づいてきた。

南アルプスも中央アルプスも綺麗に見えている。
ところが、昼を過ぎると俄に雲が生まれ出て、山々はすっぽりとガスの中に。
青空を背景に峰峰の眺望を楽しみたいなら、午前中に来なければ駄目なんだな。

写真を撮っていないが、今日はしらびそ峠のバンビにも再会できた。

参加された皆さん、お疲れさまでした。お誘いくださり、ありがとうございました。

QTVRの全画面表示はこちらこちら

| | トラックバック (0)

2010.10.10

陣馬形山ヒルクライム

三連休の中日。昨日からの雨が意外に早く上がった。昼過ぎからは日が照ってきて、暑いくらい。

緑が深い大平街道は、路面が乾いていないだろう。県道を周回するのは辛いばかり。
赤石山脈方向の雲が晴れて来つつある。久しぶりに陣馬形へ上がることにした。

長女H氏を送り出していたら、14時過ぎになった。日没まで3時間も無いから、念のため前照灯を持つ。

県道を北上。途中で20名以上のローディーの集団とすれ違った。

陣馬形山へは、一番乾きが早そうなアンフォルメル美術館からの上りを使う。
辛い登坂路の一つの筈が、意外にすいすい上れるようになっていた。風三郎神社から陣馬形山キャンプ場までも坦々と上り、結局役場から50分もかからずに山頂へ。前照灯は要らなかったな。

思ったほどに晴れなかった。こんな伊那谷の風景もおもしろいだろう。久しぶりにパノラマ写真を撮ってQTVRにしてみた。
丸尾のブナを越えてからだから、山頂キャンプ場まで1kmもない所からだけど、ビデオも回してみた。パノラマ写真と見比べられるように掲載。

木曽山脈や赤石山脈が冠雪するころ、快晴の日を選んでまた上ってきたい。大平街道同様に、気軽に来られる場所になった感じだ。

本日の陣馬形山からの眺望のパノラマ画像全画面表示はこちら

| | トラックバック (0)

2009.04.26

ツール・ド・激坂 Part 2 Produced by 浅田顕

エキップアサダの浅田代表に秩父の激坂を案内していただくという超贅沢なシクロパビリオンのイベントへ、坂隊の隊長さんとキタさんと一緒に参加した。

初心者でも走りきれる内容だろうとなめていたが、しっかりお腹一杯になるコースだった。
その内容は、次のコースプロファイルでご想像願いたい。

続きを読む "ツール・ド・激坂 Part 2 Produced by 浅田顕"

| | トラックバック (0)

2008.06.13

御池山隕石クレーター

長野県飯田市上村で発見された御池山隕石クレーター。それを一望できる展望台へ行って来た。

2万~3万年前に、直径約45mの隕石が落下してできた直径約900mの隕石孔とのことだ。

展望台からの眺めをQuickTime VR化したので紹介する。

全画面表示はこちら

2005年3月3日付けの信濃毎日新聞の記事で発見と認定の経緯が解説されている。

 長野県下伊那郡上村の南アルプス・御池山(おいけやま)=1、905メートル=にある半円状地形から採取した石英の結晶内に、いん石の衝突により生じたとみられるガラス層があることが2日までに、同郡根羽村根羽小学校長の坂本正夫さん(57)と岡山理科大との共同研究で分かった。坂本さんは2003年9月、同地形がいん石が衝突してできたクレーターの一部と発表。今回の成果で「具体的な物質からも衝突が証明できた」としている。

 研究成果は14日から18日まで、アメリカ・ヒューストンで開かれる月や惑星の研究に関する世界最大の国際会議「月惑星科学会議(LPSC)」の中で、17日に発表される予定。国内初のクレーターの国際データベース登録に向けて大きな前進になりそうだ。

 坂本さんは、直径約900メートルの半円状の地形の岩盤から、衝撃による細かい切れ込みが最も集中する石英結晶を含む岩石600個余りを採取。03年1月、その中から厳選した試料をフッ化水素で腐食させて電子顕微鏡で観察し、ガラスの存在を示す幅1ミクロンのいびつな割れ目「ピラーリング組織」を確認した。岡山理科大も昨年、坂本さんの試料で、物質の違いが特定できる特殊な電子顕微鏡を使いガラス層を確認した。

 坂本さんによると、石英の単結晶内にガラス層が形成されることは通常あり得ない。また世界中で確認されているクレーターの多くは、高温・高熱でできるガラスの存在で衝突が証明されているという。

 坂本さんは03年9月、レーザー照射による波長の分析からいん石の衝突を証明した。今回は、いん石衝突により瞬間的に数万気圧以上の圧力が加わったことを現場の物質から裏付けた。

 坂本さんは「今回の研究を通じて、観察方法自体の成功や、2種類の方法によりクロスチェックができた成果もあった」と話し、本年中に正式論文にする考え。今後は高圧により石英が変化して合成される鉱物を探索する考えだ。

参考文献:http://www.shinmai.co.jp/news/20050303/mm050303sha10022.htm


今日は半分仕事のサイクリング。

ロングライドは1週間振りで、最後の峠越えで尻が痛くなって難儀した(苦笑)。

峠を越えて下って行ったら、道路脇の空き地に大きなホンシュウシカの雌がうずくまっていた。
逃げないので写真を撮ろうとカメラの用意をしてたら、ゆっくりと立ち上がって谷へと下りていってしまった。残念。

更に数百メートルも走らない内に、今度は小柄なニホンカモシカがガードレールの下から道路へお尻を突き出して谷底を覗いている。
ボクに気付くと慌てて道路へ体を出し、走り出した。ちょうどカモシカに追いついて、50メートルほど併走する格好になった(笑)。
カモシカも意外に走るの速いね。

Dist 120.01km,Time 05:40:53,Ave 21.1km/h,Max 57.8km/h

| | トラックバック (0)

2008.05.19

九十九谷の花々

下伊那郡喬木村の九十九谷(くじゅうくたに)では、クリン草に加えてシャクナゲも美しく花開いてきた。

夕方、ロールに乗って回復走がてら写真を撮ってきた。

QTVRでお楽しみいただければ幸いだ。

とても美しい花々です。是非、実際に足を運ばれたらいかがでしょうか?

TOJの南信州ステージコースから「くりん草」の案内看板に沿って行けばすぐに着きますよ。

全画面表示はこちら

水曜日の南信州ステージは今年も天気に恵まれて、より楽しく観戦できますね♪

| | トラックバック (0)

2008.05.14

第2回しらびそ高原ヒルクライム大会スタート地点

昨年と違って、新しく完成したループ橋からのスタートとなる。

そのため、コースが300m延びて15.1kmとなっている。

今大会のスタートゲートが既に設置されていたので、写真を撮ってQTVRにしてみた。

全画面表示はこちら

今年も天気に恵まれそうでなによりだ。

| | トラックバック (0)

2008.05.10

雨の週末、満腹土曜日

ステファニーが遊びに来たので、皆でいちご狩りへ行った。

今週二度目のイチゴ食べ放題だ(笑)。次女Y氏的に言えば「やっほ~ぃ!」♪だ。

あいにくの雨模様とゴールデンウィーク明けってのが功を奏して、週末ながらぼくらグループだけで、たわわに実る真っ赤なイチゴを目一杯満喫。

今日も二種類のイチゴを食べ比べ。章姫もとても美味しかった。


苺の次は九輪草、そして三色藤と花巡り。昨日下見したコースだね。

昼食後に躑躅でもと思ったけど、思いの外にボリュームのある食事になった。

と言うのも、今日もまたアンサンブルでごはん(笑)。カレーライスもミートソーススパゲティも皆に大好評。
デザートもしっとりガトーショコラにニューヨークチーズケーキ、イングリッシュパウンドケーキ、それからサービスのクッキーって感じで、いちご狩りの後にこんなに食べるか?ってほどにがっつりといただいた。

カレーは子供たちには辛かったようだけど、ミートスパは大人気だったな。
ケーキはガトーショコラが特に美味しかった♪
パウンドケーキはボリュームあって、デザートじゃなくってランチとしても充分なほどだった。

そんな訳で、もう帰ってゆっくり映画でも見ようかって感じ(笑)。


最近マイブームなQuick Time VR。
全画面表示するページを作ったので、リンク一覧載せておきます。
ファイルサイズが5MBとか巨大なのも多いので、高速回線でお楽しみください。

泉龍院の三色藤 (下伊那郡豊丘村 2008年5月9日) その2

陣馬形山からの眺望 (上伊那郡中川村 2006年11月13日)

台城公園のツツジ (下伊那郡松川町 2008年5月9日)

夕立神からの南アルプス (下伊那郡大鹿村 2008年4月21日)

遠山郷下栗 (飯田市上村 2008年5月8日)

しらびそ高原からの南アルプス (飯田市上村 2008年5月6日)

| | トラックバック (0)

2008.05.09

皐月花巡り

週末、ステファニーが遊びにくると言うので、適当に案内する予定。

一昨日タイヤを換えたRollで回復走ついでに、いくつかの花の名所の様子を見てきた。

昼食はアンサンブルでカレーとニューヨークチーズケーキを堪能したし、ブレアサイクリングへまた寄れたし(お邪魔してすみません)、楽しいポタリングになった。


五月の花と言えば、まずはツツジとサツキ。

松川町の大島城趾台城公園のツツジは、この辺りではそこそこ有名。

ゴールデンウィークに見頃を迎えるが、今年はやっぱり早めだったようだ。

盛りを過ぎた観はあるけど、写真を撮ってきたのでQuickTime VR(QTVR)で紹介したい。


ツツジの頃はフジも見頃を迎える。

峠へ行けば、薄紫の花の房がよく目に付く。
河岸の道沿いは、ニセアカシアの白い花の芳香が満ちている。

フジは喬木村阿島の大藤が観光名所になっているが、豊丘村泉龍院の三色藤もまた美しい。

こちらは見頃なのかな。藤色に白色、そして珍しい薄桃色の藤の花。


さて、QTVRウィンドウを飾る花はクリン草。

喬木村九十九谷のクリン草がちょうど見頃になっている。

明日はこの可憐な花を見に行こう。

| | トラックバック (1)

2008.05.08

ニホンカモシカと遠山郷下栗の風景

午後から6時間ほど空いた。しらびそへ登ることにする。
今日は早めにまわりたかったので、赤石峠を越え、R152を北上してしらびそHCスタート地点、しらびそ高原から下栗へ下り、再び赤石峠越えというコースをとった。

小川川沿いに登って行く。
矢筈ダム手前の葛折れを登ったら、左法面に獣が小枝を踏む音が聞こえた。

引き返して見ると、2メートルはあろうニホンカモシカが若葉を食んでいる。

慌ててバックポケットからXacti CA65を取り出し、ビデオ撮影した。

ちょうど沢になっている場所で、車道は橋のように高架となっている。法面は車道の下へと続いていて、こちらから取り付くことはできない。
そんなことに気付いているかのように、カモシカは悠然と食事を続けている。

結局、30分近くもカモシカを撮っていた。予定通りに戻れるかな?


赤石トンネルへと登りながら、みーちゃん氏が長女H氏の予約を取ったか気になった。
トンネルを抜けて上村側に公衆電話があるとの看板だったのに、いつの間にか撤去されている。去年はあったと思うのだが…。

上町の旧上村役場の駐車場に公衆電話があるのは憶えているので、そこまで下って電話した。
やっぱり忘れていたようだ(苦笑)。

上町から程野までR152を北上。
上村川がつくる天神峡谷の風景は美しいが、あまり好きではない登り坂だ。

R152からしらびそHCのスタート地点へ登る道は、左折してぐるりと回り込むループ橋構造へと改修されている。

時間がないので、どんどん登って行った。

昨年のスタート地点からしらびそのゴール地点までのラップタイムは62分18秒。
50分切りが目標なんだが、こんなんで大丈夫なのだろうか?
今更じたばたしても仕方ないけど…。

ハイランドしらびそへも寄らず、そのまま下栗へと下る。

御池山隕石クレーターの展望台へ登ってみようかとも思ったが、岩肌を結構歩かなくちゃならないようで、クリートをいたわってパスした。

今日は下栗で写真撮ろうと思っていたのだけど、いいポイントが見つからない。
結局、毎度お馴染み帯山のビューポイントで撮影。QTVRにしたので、お楽しみくださいませ。

帰路、赤石峠の手前でNaさんにお会いした。
しらびそHC、お互いに頑張りましょう!

下りで何台かに道を譲ってもらっちゃったので、迷惑にならないよう目一杯踏んで走った。
練習にはなったけど、ちょっとしんどかったな。家まで数メートルってとこで、左太ももが攣りそうになっちゃった(苦笑)。

18時までにはちゃんと戻れたから、結果オーライだけどね。

Dist 111.21km,Time 05:09:15,Ave 21.6km/h,Max 59.6km/h

| | トラックバック (0)