2019.05.14

キャリーミーのブレーキ交換 その4

Pacific Cycles CarryMe DS  ACOR

 

Pacific Cycles CarryMe DS 2007年モデルに続き、2008年モデルのブレーキも交換しました。

 

キャリーミーDS 2007年モデルで使用したテクトロR725が入手できないので、リテールモデルのTRP T925への交換を検討したが予算オーバー。

 

以前にアーチが長すぎて使用しなかったテクトロ 800Aのインストールも考えましたが、ACOR ABR-2801のセール品を見つけました。

 

エイカーABR-2801はロードバイク用のキャリパーブレーキで、アルミ合金ブロックからの削り出しボディのダブルピポッド。回転軸にはボールベアリングが内蔵されています。

オポジットブレーキキャリパーの名が示すのは、フロントブレーキのケーブル受けが一般的なロード用キャリパーブレーキと違い左側にあることです。

このブレーキの取り付け軸を交換してキャリーミーへインストールします。

 

リヤブレーキの取り付け軸をナット留め用のフロントキャリパーブレーキ軸へ、フロントブレーキの取り付け軸はリヤ用へ交換しました。

また、リヤ用はキタコ ケーブルエンドSET 0900-901-90003を利用して下引き化しています。

 

ブレーキケーブルの動きをできるだけ良くするためとクリアランス確保のため、ブレーキアジャスターは付属品に代えてフレキシブルタイプ。

リヤはアウターキャップ径(先端径)が6mmのダイアコンペ ショートフレキシー、フロントブレーキにはアウターキャップ径が5.5mmのテクトロ BR-TK-051を使っています。

 

残念ながらアーチ長が足りず、BOMAオフセットブレーキシューケースを併用。

フロントブレーキはヘッドチューブのスライドヒンジボルトと干渉したので、ボルトをクイックリリースレバーへ付け替えました。

 

尚、折りたたみ時にブレーキアウターの屈曲によりブレーキが引かれて後輪が動かなくなるので、その際はブレーキのクイックリリースレバーを解放することで対処します。

|

2019.05.10

Pacific Cycles CarryMe キャスター車輪交換

Pacific Cycles CarryMe DS  キャスター車輪交換

 

今更ですが、キャリーミーのコロコロ、キャスター車輪をボール軸受け(ベアリング)タイプへ交換しました。

 

以前からキャリーミー向けのベアリングキャスター車輪は販売されていましたが、どれも元の車輪の径よりも大きいため、自立時のバランスが変わるのが嫌で交換にいたりませんでした。

 

最近、オリジナル車輪と同径なタイヤ径40mmのベアリング軸ホイールが旅行用トランクケースの補修用として販売されているのを知ってサイズを確認したところ、軸径6mm、厚さ18mmとキャリーミーのキャスター車輪とまったく同じサイズでした。

 

工業用ベアリングを採用したものから、鉄にニッケル鍍金の本体に硬球を入れただけの廉価モデルまであります。

錆は心配ですが、お試しということで今回は廉価モデルを手配しました。

 

キャリーミー2007年モデルではリヤラックの形状の関係で内径6mm、厚み5mmのアルミカラーを併用して取り付けていますが、2008年モデルはベアリングキャスター車輪だけを元々のネジとワッシャーでインストールしました。

 

回転のスムースさもさることながら、硬質プラスチックの車輪から硬質合成ゴムのタイヤになって転がしやすくなりました。

 

車輪径は今までと変わりませんので、自立させた状態でも変わりなく転がせます。とても良いですね。

|

2019.05.09

ブラックバーンアウトポストカーゴケージ

Pacific Cycles CarryMe DS 2008

 

整備中のキャリーミーDS 2008年モデル用にブラックバーンアウトポストカーゴケージを使ってみました。

純正のボトルケージマウンターを介して、フロントキャリア台座へ固定しています。

標準の取り付け穴の位置では使いにくいので、ブラックバーンのロゴが入っている位置に取り付け穴を追加加工して、ハンドルポストを縮めてもステムが当たらない高さにしています。

付属ベルトで縛れるものなら、大抵のものは固定できてとても便利。

2リットルのペットボトルどころか、1ガロン(3.78リットル)でも余裕です。

自分はキャリーミーの標準バッグを括り付けるつもりですが、現状ブレーキアウターケーブルが干渉するので、長いものへ換えてループさせることで対策するつもり。

|

2019.02.10

スターメーアーチャーS3X修理

Carrera Roll S3X


Sturmey Archer Axle Assembly for S3X - 165mm - HSA736スターメーアーチャーS3Xという固定ギヤの3速内装変速機が変速不良するようになって、暫くうっちゃっていた。

意を決して分解洗浄したところ、右の写真の様に、セレクターキーと呼ばれる部品が破損していた。

インターネット検索すると、こちらのフォーラムのトビへ行きついた。

“HSA737 Selector Key Assy”を交換すれば、不具合は解消するようだ。

早速、このホイールを組んでいただいた和田サイクルさんを通じてセレクターキーを発注した。

ところが、セレクターキー単品では供給できず、内部アッシーHSX155での供給、もしくは交換修理になるという。

HSX155は2万円以上(英国では140ポンド)する。破損したセレクターキーは10ポンド足らずでしかない。

納得できず、直接サンレース・スターメーアーチャーのサポートへ英文メールで問い合わせたが、日本の代理店に回されて「ハブの内部のアッセンブリーにつきましては供給しておらず、ユニットでの交換となります」というリプライがあった。

HSA737 Selector Key Assy.米国では部品供給されている旨を返信したところ、「以前は取り扱いございましたが、トラブルも多くユニットでの販売のみとなっております」ということだった。

スターメーアーチャーの他の製品はわからないが、S3Xハブの修理はユニット交換以外の対応はしないということらしい。

ところが、欧米にはS3Xのセレクターキーをはじめ、スターメーアーチャーの部品を販売しているショップがいくつもある。

SJS CYCLESにHSA737セレクターキーの在庫があったので注文した。送料込みで約1600円だった。

Sturmey Archer S3X Internal早速セレクターキーを交換して、各部注油とグリスアップで修理完了。

山坂道を30kmほど走ってきたが、すこぶる調子がよい。

新品の時よりも変速レスポンスが向上している。

セレクターキーの摺動部へのグリスアップや遊星ギヤのシャフト受けへの注油、各摺動部やギヤ当たり面へのグリスアップ、ベアリングへのグリス充填といった作業を丁寧に行ったのが良かったと思われる。

今回分解して気付いたが、トルクが掛かった状態で変速するとセレクターキーを破損しやすい構造だ。

キーの動きをスムースにするため、コグとギヤユニットとの連結には予めガタが設けられている。

シフトアップ時はこのガタのお陰でセレクターキーへのストレスはほぼ無さそうだが、シフトダウン時はキーの動きまで意識してペダリングする必要がある。

| | トラックバック (0)

2018.12.23

Pacific Cycles CarryMe DS 2008

Pacific Cycles CarryMe DS 2008 & 2007

和田サイクルさんは現在店舗改築以来の倉庫移動中で、ここ10年間に仕舞い込んだものがいろいろと発掘されているそうです。

写真左のキャリーミーDSは、当時の試乗車だったそうです。
自分と同じ2007年モデルの試乗車は今でも鮮明に覚えていますが、このグリーンの2008年式は記憶になく新鮮です。

キャリーミーは毎年改良が重ねられて現在でも販売されています。

しかし、自分の2007年モデルとは仕様が随分変わって、愛車が修理できないほど壊れたら困るなあと思っていた矢先なので、ほぼ同じ仕様の2008年モデルを入手できたのは幸運でした。

いつもありがとうございます。

2008年モデルのDSは現行キャリーミーと同じクランク長160mmと聞いていましたが、写真のものは2007年モデルと同じように170mmでした。

キャリーミーは2009年モデルから、全体の強度を上げるため、フレームの長さやシートチューブ径などが大きくなっています。

2008年モデルも細かく仕様が変わっていますが、シートポスト径は2007年モデルと同じ27.2mm。

使用中のシートポスト一体タイヤポンプがそのまま使えます。

予備車両としては理想的なものでした。どちらのキャリーミーも大事に使っていこうと思います。

| | トラックバック (0)

2018.11.26

室内でヴァーチャルサイクリング

Carrera Roll Fixed Gear Bike

初冬。先週末の朝は今シーズン初の氷点下になりました。

紅葉もそろそろお仕舞いです。

昼間なかなか出かけられなくなって、最近はローラー台で自転車を漕いでいます。

Kinetic Rock and Roll 2

スポーツサイクリングの室内練習では、Zwiftというヴァーチャルサイクリングアプリケーションが流行っています。

ローラー台に設置された自転車をパソコンやスマホへつなぎ、ヴァーチャルサイクリングのアプリケーションを動作させます。

漕いだ分だけアプリ内のアバターが進み、仮想的なサイクリングからレースまで楽しめます。

自転車にはアプリへ情報を送るためのセンサーが必要です。

クランクの回転数を計測するケイデンスセンサーと入力出力を検出するパワーメーター、それに加えて身につけた心拍センサーを使っています。

ヴァーチャルサイクリングアプリケーションではスピードセンサーの情報からパワーを計算する機能が備わっているので、パワーメーターが無ければスピードセンサーで代替できます。

サイクルコンピューター用にスピード&ケイデンスセンサーを付けていてヴァーチャルサイクリングでも使っていましたが、パワータップを安く手に入れることができたので、パワーに加えてケイデンスもパワータップを使うようになりました。


ヴァーチャルサイクリングアプリケーションは、対応するスマートローラー台の負荷をコントロールできるようにもなっています。

坂道の斜度を再現したり、路面の凹凸まで再現できるローラー台も登場しています。

スマートローラーはとても高価ですが、大抵はパワーメーターを内蔵しているので、パワーメーターとローラー台を一度に購入するなら、スマートローラーはお買い得かも知れません。


パソコンと各センサーとの接続は、ANT+という専用無線規格が主流です。

スマートフォンやタブレットの場合は、Bluetooth Smartでも接続できるようになっていますが、Windowsでは現状ANT+でしか使えません。


ヴァーチャルサイクリングのアプリケーションはZwift一強の状況ですが、月額1500円の有料アプリなため試用期間以後は使っていません。

今はまだベータテスト中で無料で使えるVirtuGOとRoad Grand ToursをWindows 7 64bit上で使っています。
また、KinomapというAndroidアプリもたまに使います。

中でもVirtuGOはトレーニングメニューが充実していて、トレーニングを目的とするならZwiftに比べても充分な機能です。

ちなみにKinomapは本サービス中の有料アプリですが、自分でアップロードしたビデオファイルを利用するのは無料です。


ローラー台トレーニングはサイクリングに比べて退屈なものですが、ヴァーチャルサイクリングの登場でなかなか楽しいものになりつつあります。

人気のZwiftでは、レースやエンデューロなどのイベントも盛んです。

現状は使用するセンサーによって、アバターがサイクリストの実力以上のパフォーマンスを発揮したり、その逆も多いため、eスポーツの様な公正さがありません。

しかし、レスポンスは充分で、室内の快適な環境でレースの醍醐味を味わえます。

ヴァーチャルサイクリングは怪我の心配も不要で、汗対策さえ充分ならとても快適なスポーツです。

| | トラックバック (0)

2017.11.28

初冬のヒルクライム

陣馬形山から中央アルプスを望む(2017年11月28日)

予想最高気温17度、最高風速3m、快晴という絶好のコンディションなので、体力に不安はあるものの陣馬形山へ上った。

出発時点は濃霧で視界不良。

中川村へ入る頃に霧は晴れ、まぶしい程に雪が輝く南駒ヶ岳連峰が迫る。

渡場の温度計は、摂氏1度の表示だった。

小渋湖から折草峠経由で上る。

四徳で橋梁検査のための通行止めがあったが、自転車や歩行者は通過できた。

夏以来のヒルクライムとあって、脚が回らない。

それでも、なんとか陣馬形山山頂までたどり着けた。

陣馬形山から南アルプスを望む(2017年11月28日)

この時期のヒルクライムは、ウェアに気をつかう。

今日はボトムが薄手のロングタイツにキャノンデール3シーズンウィンドパンツ。
トップスはユニクロのドライメッシュ長Tをインナーに、ルコックのロングスリーブジャージの上からペダレッドのKANAYAジャケットを羽織った。
シューズはシマノのSH-MW02。
ヘルメットインナーとしてクラフトのビーニー、グローブはキャンノンデールの3シーズンプラスグローブを使った。

上りで額から汗がしたたったが、山頂で汗冷えすることはなかった。

風が穏やかで、日差しにより気温も上がっていたのだろうと思う。

下りでは手の指先が冷たく感じたものの、グローブ内蔵の防風ミトンを付けてしのげた。

昨冬は下り用に防風素材のオールインワン(つなぎ)を持参していたが、この位の天候なら、今日のような服装で十分なようだ。

| | トラックバック (0)

2017.11.27

カットパンク

カットパンクさせてしまったタイヤとチューブ

豊丘の県道で波板ビスを踏んでしまった。

きらっと光る何かを見つけたのだが、停止するには間に合わない。

後方から車が来ていたので、避けようもなく後輪が踏んでバースト。

ご丁寧に二カ所も穴が空いていた。

停止して、何を踏んだか確認したら、6cmほどの波板ビスだった。

波板を押さえるワッシャでタイヤのトレッドが1cmほど裂け、他の部分も当たったのか、サイドも5mmほど裂けていた。

チューブを外したところ、トレッドの部分は裂けるのでなく、ぽっかりと穴が空いている。

サイドにあたる部分は、裂けていた。

こうなるとパッチ修理もできないし、チューブは廃棄する。

見れば7カ所もパッチが貼られている。十分使ったよね。

タイヤに裂けはあるが、予備チューブと一緒にタイヤの切れ端を持っているので問題ない。

タイヤチューブを換え、裂けている箇所はタイヤの内側とチューブとの間にタイヤの切れ端を挟み込んで、パンク修理を終えた。

タイヤパッチとして挟んだタイヤの切れ端の幅が足りなかったので、サイドウォールの裂け目の強度が怪しい。

空気は控えめに入れて、パフォーマンスよりも確実性を優先する。

結局、普段通りのペースで走らせた。


後輪のタイヤは、3250kmほど使っている。寿命までは後2000kmほど。

帰宅して、タイヤパッチを幅の広い切れ端に入れ替えた。これでタイヤを履き潰せるだろう。

| | トラックバック (0)

2017.08.04

今夏は意外と涼しい

尻の痛みも和らいだので、40日振りにロードバイクで80kmほどの山岳コースを走ってきた。

気温は31度ほどもあったが、空は午後から雲に覆われ、南から涼風が吹き込んでいた。

行きは追い風ということもあって、久しぶりのサイクリングながら悪くないペースで走ることが出来た。

上りではかなりペースダウンしたものの、止まってしまうこともなく、なんとかヒルクライムもこなせた。

光視が現れてハンガーノックの兆候を感じたので、山頂で休憩してサドルバッグに常備しているゼリー状の補食を摂った。

陣馬形山からの眺望(2017年8月4日)

午後3時の出発だったため、山から下る頃には夕方になっていた。

ジャージもパンツも汗でぐっしょり濡れていて、下りは寒さを覚えるほどだった。

帰路、天竜川沿いから県道15号線への上りで左太腿が攣りそうになったが、立ち漕ぎを工夫して回避。

夕立にも遭ったが、普段よりも20分ほど遅かったものの、トラブルも無く帰り着いた。

| | トラックバック (0)

2017.06.12

陣馬形山から分杭峠へ林道で縦走

TOJ南信州ステージ観戦時、坂隊の宮さんから「折草峠から分杭峠まで続いている林道をMTBで走ったよ。シクロクロスでも大丈夫じゃない。」ってお聞きしたので行ってきた。

中川村の陣馬形山山頂のレンゲツツジも咲いている時期なので、陣馬形山から分杭峠までの縦走ということにした。

土曜日に上った宮田高原は、レンゲツツジが満開だった。案の定、陣馬形山山頂もほぼ満開。

陣馬形山山頂より中央アルプスを望む

レンゲツツジ満開の陣馬形山山頂より南アルプスを望む

木曽駒ヶ岳と山ツツジ

日曜日に上った木曽駒ヶ岳。今年の残雪は多く、千畳敷カールのスキー場は5月の最終日曜日まで営業していた。

陣馬形山から折草峠まで下り、四徳治山運搬道から林道高森山線というダブルトラックを繋いで分杭峠まで走った。

四徳治山運搬道

全長16.3Kmのグラベルコースは、なかなかにスリリング。

4km続く四徳治山運搬道はけっこう荒れていて難儀したが、途中から採石舗装がしっかりした林道高森山線へ入ってからはペースも上がって走りやすかった。

林道高森山線

ただ、所々に真砂が堆積して、タイヤが取られるのには辟易。

とにかく、無事に予定ルートをこなすことができた。

詳細は、STRAVAのログをご覧ください。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧