2011.01.23

演劇集団「演劇宿」公演 『夏の庭』

市民劇団「演劇宿(えんげきじゅく)」の『夏の庭』を観た。

演劇宿は、飯田市民構成劇創作事業を引き継ぐかたちで1996年に結成された。劇創作事業で原作と脚本、そして演出をされたふじたあさやさんに指導を仰ぎ活動を続けている。

演目の『夏の庭』は、湯本香樹実さんの処女小説「夏の庭―The Friends」を、劇団たんぽぽの久野由美さんが脚本化して、ふじたあさやさんが演出して十数年前に初演されたものだ。

人の死に関心を持った3人の中学生と一人の老人との一夏の交流を描いた『夏の庭』を、主要登場人物たちを等身大で演じることができる11歳から13歳の少年少女たち中心に配役された公演と、大人たちによるものとの二つを、ふじたあさやさんが演出して「演劇宿」が二日間の芝居を打った。

端役だが初めて名前のある登場人物を娘が演じるというので観に行った次第。

観劇したのは、子供たちが主要登場人物を演じた芝居の初日。
3人の中学生を小学五年生の男の子二人と中学一年生の女の子が演じていたのだが、とくにメガネを掛けた小太りの男の子の演技が光っていた。まるで、少年時代の林家正蔵さんのような感じ。

演技も含めて、有料公演として充分なクオリティの内容だった。原作も映画も未見なので比べられないが、とても良かったのではなかろうか。
子供たちの二日目の公演を、久野由美さんが観劇されたそうだ。彼女は自分の脚本が演じられているのを見るのを避けていたそうで、『夏の庭』は初見であったということだが、とても感動されていたと聞いた。

「演劇宿」が『夏の庭』を再演することがあれば、是非また観に行きたいと思っている。

| | トラックバック (0)

2010.04.03

目のやり場に困るよね

長女H氏は原宿で買い物しすぎたそうで、珍しく僕一人で秋葉原。

写真はまんだらけのディスプレイ。

抱き枕コレクションらしいけど、お年頃な娘連れの男親にはちょっとした拷問かも。

| | トラックバック (0)

2008.08.02

でんきの科学館

長女H氏とでんきの科学館へ行ってきた。

ワークショップは低年齢向けだったが、展示物で遊んだり、シアターで参加型のプログラムを楽しんだりと、それなりに充実した一日だったようだ。

夕方に帰宅。軽い夕食をとって、劇の練習へと行った。

明日の本番に備え、最後の練習となる。既に大舞台を経験しているので、かなりリラックスしているようだ。

夏休みに入ってからは、連夜練習を重ねてきた。その都度、トレーラーバイクで送り迎えした次第だ。

当地では今日から一週間の日程で、世界人形劇フェスティバルが開催されている。
みーちゃん氏と次女Y氏、長男S氏は、有料公演の一部とオープニングセレモニーへ行っていたそうだ。
長女H氏が出演する劇も、このイベントのプログラムの一つとして上演される。

| | トラックバック (0)

2008.06.05

肉食しない米国学生

先日、「米国の大学生はベジタリアンが多い気がする」と書いたが、実際には肉食をせずに魚は食べる。

みーちゃん氏が通っている英語サークルへステファニーを連れていったときに、「肉食をしない」件について話題となったそうだ。

彼女たちの先生である米国人男性に言わせると、肉食をしない米国人は多く、その理由は宗教的なものよりも単純に動物を殺すのを可哀想と感じ、その結果として肉を口にしなくなっているのだそうだ。

肉食をしないステファニーに理由を聞いたところ、同じように「動物を殺すのが可哀想だから」ということだった。
「じゃあ、魚は可哀想じゃないの?」って疑問は当然だから、みーちゃん氏が訊いてみると、「魚は殺され方が残酷じゃないので…」ってな不可解なもので、寿司も刺身も好物なところからも、動物に魚は含まれていないようだ。

哺乳動物はだめで魚は問題ないといった差別感を覚えるものの、「動物を食べるのは可哀想でできない」だから「肉は食べない」を実践している人々が意外に多いということは知っておいた方が良いと思う。

| | トラックバック (0)

2008.05.05

クラフト三昧

森林公園でクラフト祭りと銘打って、様々なワークショップが開催された。
昨年も参加した長女H氏が楽しみにしていたイベントだ。

生憎の天気だったが、H氏は朝からクラフト三昧で、充実した一日を過ごしたことだろう。

| | トラックバック (0)

2008.03.13

お花見のご馳走

小学3年生の算数ドリルとして配布された課題。

なかなか挑戦的な内容の文章問題となっている。


数日前に、某予備校の新4年生春期集中講習を申し込んだそうだが、2千円の教材費以外は授業料無料との連絡があった。
そう言えば、一昨年も無料だったな。

算数と国語がそれぞれ50分を2限ずつ、理科と社会がそれぞれ50分を1限ずつで、1日計6限。それが4日間というボリュームだそうだ。
集中授業の数日前に学力テストをやって、その結果から苦手な箇所を集中的に授業するとのこと。

小学生も大変だな。

| | トラックバック (0)