2020.02.22

Kinetic Rock and Roll スマートトレーナー その3

Kinetic Rock and Roll 2のフルード式負荷装置をKinetic Control Power Unit T-6300へ変えてKinetic Rock and Roll Control Bike Trainer T-6500と同等のスマートトレーナーにしました。

フルード式はスピードに応じてリニアに負荷が増大し、適切な重量のフライホイールと相まって自然な負荷変動が実現されファンも多いものです。

T-6300はスマートタイプの負荷で、外部からの信号に応じて負荷を変動させることができます。

フルード式では負荷を高めるにはスピードを上げる必要があるため、低ケイデンスでの高負荷練習ができません。

スマートタイプ負荷なら外部からの信号で低速でも高い負荷を実現できます。

キネティック・ロック&ロール・システムと相まって、映像のようなダンシングも自然に行えます。

 

スマートトレーナーはスマートフォンやパソコンのバーチャルサイクリング(バーチャルライド)アプリケーションで負荷制御でき、パワーと速度、機種によってはケイデンスのリアルタイム値を出力する機能を持ちます。

Kinetic T-6300はケイデンス出力がありません。パワーと速度はANT+ FE-CならびにBluetooth FTMSで負荷制御と同時に出力します。

ANT+ legacyは対応していないようで、GarminのANT+ FE-C非対応モデルとはペアリングできませんでした。

 

スマートトレーナー化して、バーチャルライドは実走感が向上し、より楽しいものとなりました。

反面、実走と同様に頻繁に変わる負荷に応じて、変速も頻繁に行うことになります。

トレーニング効果にはあまり関係ないところで煩わしさはあります。

 

キネティックのフルード式負荷はフレーム同様に永久保障するだけあってとても完成度が高いものです。

Kinetic inRide 3 T-2005を付加することで、ANT+ならびにBluetooh FTMSによるスピードとケイデンス、そしてパワーの出力も55米ドルの出費で可能になります。

室内トレーニング用自転車ローラー台として費用対効果を考えると、T-6300によるスマートトレーナー化はちょっと微妙に思いました。

キネティック・ロック&ロールのレトロフィットなら、T-2005を追加してKinetic Rock and Roll Smart 2 Bike Trainer T-2810化の方が満足度は高いでしょう。

 

T-6300もフルード式負荷と同じく摺動部は軸受けだけです。

金属性のローラー部はほとんど同じもので、負荷の交換による動作音の違いは気づかないレベルです。

しかし、バーチャルライドでは外部からの信号でたえず強制的に負荷が変わるため、フルード式に比べてタイヤスリップが起こりやすくなります。

そのためか、固定負荷は最大勾配10%相当まで。坂バカには物足りないでしょう。

最大1800Wですが、この出力を得るには時速48km相当までまわす必要があります。この点はフルード式と変わりません。

中途半端な勾配を捨ててスプリントを重視すれば、フルード式のままで十分と言えます。

 

スマートトレーナーの最大勾配を上げるにはタイヤドライブ式は難しく、この点を重視するならダイレクトドライブ式へ買い換えるしかないと思われます。

|

2020.02.20

Kinetic Rock and Roll スマートトレーナー その2

 

ローラー台トレーニングで使っていた kinetic by Kurt Rock and Roll 2.0 の負荷装置を Kinetic Control Power Unit T-6300 へ交換することで、Bluetooth FTMSならびにANT+ FE-Cによる自動負荷変動タイプスマートトレーナーへレトロフィット可能です。

Kinetic Rock and Roll Control Bike Trainer T-6500 とまったく同じものになります。

 

当方は送料無料の海外ショップのニューイヤーセールで格安だった Kinetic Road Machine Control Bike Trainer T-6400 からT-6300を移植しました。

 

T-6300はフィットネス機器制御プロトコルのBluetooth FTMSならびにANT+ FE-Cをサポートします。

メーカーの仕様ではANT+でパワーとスピードも出力できるように見えますが、ANT+ FE-Cでのサポートになるため受信機はANT+ FE-Cに対応している必要があります。

またケイデンスは出力しないため別途ケイデンスセンサーが必要です。

ファームウェアで仮想ケイデンスは付加できるようですが、もう1年以上アップデートされていません。

 

ZwiftKinomapRouvyTRAINER GENIUSで試用しました。ZwiftはWindows PCでANT+ FE-C、その他はAndroidタブレットでBluetooth FTMS接続です。AndroidでもANT FE-Cで接続できます。

デバイス名はBluetooth接続でKinetic Rock and Roll Control、AMT+はANT+ FE-C Trainerです。

概ね仕様通りに動作しましたが、RouvyでBluetooth接続の場合には負荷が一定にならずに脈動するような現象を確認しました。

また、ケイデンスを出力しないのは不便でした。

 

T-6300の負荷は非接触の電磁誘導タイプで、5.5kgのフライホイールによって自然な負荷変動が実現されています。

タイヤローラーとフライホイール、電磁誘導負荷は同軸上にあって2つのボールベアリングで支えられています。

負荷は非接触で全体の精度も高く、回転は滑らかかつ振動もありません。自転車の駆動系の音の方がよほどうるさく感じます。

しかし、従来のフルード式負荷に比べるとスマート化による負荷変動時にタイヤスリップが発生しやすく、ローラーへのタイヤの押し付けをより強くする必要があります。

取扱説明書ではタイヤ空気圧を100PSIとし、ローラーがタイヤトレッドに接触してから押し付けノブを3回転まわすことを推奨しています。

ローラー台専用タイヤを使って推奨設定にしても高負荷でスリップが起こるので、空気圧を130PSIまで上げています。

そのためかパワーメーターでの計測値よりもT-6300のパワー値は10パーセントから15パーセントも低めになってしまいました。

 

結局、PowerTapでパワーとケイデンスを拾い、T-6300のセンサー出力を使わずにスマート負荷機能だけにしています。

PowerTapは実走用にするつもりだったので、見込み違いとなりました。

|

2020.02.10

Kinetic Rock and Roll スマートトレーナー その1

Kinetic by Kurt Rock and Roll Smart Control Trainer

Kinetic by Kurt Rock and Roll はダンシングができるローラー台として海外では高く評価されています。

しかし代理店が弱かったのか日本ではほとんど流通していません。

Zwiftをはじめとするバーチャルライドが盛り上がるにつれてローラー台の利用者が急増して、いち早くスマートトレーナーに注力した新興のWahooを筆頭にTACX、ELITE、CycleOpsがイニシアティブを握った感じです。

Kineticも2016年にはスマートトレーナーユニットのT-6000をリリースしましたが、他社に比べて割高なうえ標準的な通信プロトコルであるANT+を採用せずBluetoothベースの独自なものだったこともあって市場に受け入れられませんでした。

2018年にANT+ならびにBluetooth Smart対応とZwiftのレスポンスを上げるアップデートがされたT-6300とダイレクトドライブのT-7000をリリースしましたがスマートトレーナーは一通り行き渡ってしまったタイミングで時すでに遅しって感じでした。

 

愛用していたKinetic by Kurt Rock and Rollはフルード式負荷で回転数が高くなるほど抵抗が大きくなる仕様です。

そのため、高い出力を得るには高いギヤ比と高いケイデンスで踏む必要があります。

スマートトレーナーは外部からの入力信号に応じて電磁石を制御して負荷を自由に変動できます。

実際のヒルクライムと同じように高い出力が必要でも低いギヤ比て低ケイデンスの練習が可能になります。

 マイナーとも言えるKineticのスマートトレーナーの導入は躊躇いましたがT-6300を採用したT-6400がかなりリーズナブルだったので導入しました。

|

2020.02.06

Kinetic Rock and Roll のスマートトレーナー化

Kinetic by KurtRock and Roll 2スマートトレーナー化しました。

Kinetic by Kurt Rock and Roll Smart Control Trainer

Kinetic Rock and Roll 2はタイヤドライブ型のフルード式負荷ですが、スマートコントロール電源ユニットへ交換することでスマートトレーナー化できます。

スマートコントロール電源ユニットはANT+非対応の初期型T-6000とANT+が追加された後期型T-6300があります。

今回はセールでT-6300を搭載したKinetic Road Machine Control Bike Trainer T-6400を海外から個人輸入するのが一番割安でした。

使用中の負荷装置を届いたT-6400のスマートコントロール電源ユニットへ交換すればスマートトレーナー化は終了です。

|

2020.02.03

スマートウォッチをGarmin Foreathlete 935へ更新

ワークアウト時はGARMIN ForeRunner 910XT、普段はASUS ZenWatch 2と使い分けていましたが、GARMIN ForeAthlete 935へ一本化しました。

Smart Watches

2007年の12月にGARMIN Forerunner 305を使い始めてから、Forerunner 310XTを経てForerunner 910XTへ更新してきました。

GARMIN Forerunnnerシリーズ(日本語版はForeAthlete)はGPSウォッチと呼ばれるもので、主に長距離陸上競技者向けにリリースされたスポーツウォッチです。

この三本の基本性能はほとんど同じです。

腕時計としても使えましたが電池は半日ほどしかもちません。

携帯電話があれば時間はわかりましたのでワークアウトの時だけ使用していました。

ランナーズウォッチとしてデザインされていますがトライアスロンを含むマルチスポーツ対応で自転車でも使えます。

GPSサイクルコンピュータとして見てもEdge305や500と同等の性能です。

 

2014年になって3G携帯からスマートフォンへ替えました。

スマートフォンにはGPSが搭載され、心拍計や自転車用スピード&ケイデンスセンサーが採用していたANT+通信までサポートしていたこともあって、ワークアウト用のウェアラブル端末をスマホで代替させることさえできるようになりました。

WearOSへとアップデートされて劇的に使いやすくなったASUS ZenWatch 2を一日中着けるようになって、Forerunnerの代わりにアクティビティのログをスマートフォンとスマートウォッチで取得することが多くなりました。

STRAVAがWearOS用のアプリをリリースしたことも一役買っています。

しかしながら、ZenWatch2にGPSが内蔵されていない点やWearOSの日本語版は言語処理をスマホに依存している仕様であることで、レスポンスや信頼性がいまいちでもありました。

アクティビティログがアプリやシステムの強制終了で消えてしまうことがあったのです。

 

Forerunner910XTの後継モデル以降はスマートフォンとの連携が強化され、スマホの通知をForerunnerでも扱えるようになっています。

要はForerunnerのスマートウォッチ化ですね。

スマートウォッチとして使うなら日本語が扱えないForerunnerシリーズは厄介ですので、日本語版のForeAthleteを選ぶようになります。

正月の買い初めでForeAthlete935が手ごろな価格になっていたのでZenWatch2の代わりとして求めました。

ZenWatch2はスピーカー内蔵で電話の受話ができましたがForeAthlete935は電話ができません。

また音声操作もできないため当初は不便に感じましたがスマホで直接操作することに慣れました。

むしろサイドボタンを押すだけでアクティビティを開始でき、サイクリングとランや登山を組み合わせたマルチスポーツのアクティビティを一括記録できるメリットを強く感じました。

また心拍を常にモニターしてストレスや睡眠のログを比較的正確に取得して記録分析できるため生活習慣の把握とリカバリーが容易になり、生活の質が向上したと思います。

|

2020.01.31

Hammer Series On Kinomap

KinomapというバーチャルサイクリングアプリケーションをAndroidタブレットで利用しています。

現在UCI Hammer Series 2019のレース動画の一部が無料で利用できます。

Limburg Climbに挑戦しました。

Hong Kong SprintStavanger Climbも楽しめます。

|

自転車室内ローラー台バーチャルサイクリング用タブレットスタンド

ローラー台用タブレットスタンド

 

室内自転車ローラー台トレーニングはバーチャルサイクリングアプリを使っています。

 

現在の主流はZwift(ズイフト)ですが、当方はKinomap(キノマップ)をアンドロイドタブレットで利用。

 

胸部心拍計と自転車リヤハブのパワーセンサーはANT+、クランクのケイデンスセンサーはBluetoothでタブレットと接続して負荷はフルード式です。

 

KinomapはZwift同様にスマート負荷対応なので、将来的にはスマートローラーの導入も考えています。

 

アンドロイドタブレットは画面を目線の高さにするため、4.7-11インチ対応タブレットスタンドビデオ対応三脚とを組み合わせています。

|

2019.10.27

STRAVAアプリがセンサー対応を止めるので代わりを探す

2019年10月27日でスマホ版STRAVAアプリのアクティビティ記録機能での心拍計やスピードケイデンスセンサーのサポートが終了します。

WearOS版の心拍記録機能についてはどうなんでしょうね。当方では心拍計内蔵のスマートウォッチを利用していないのでわかりません。

最近ケイデンスセンサーを導入したばかりなので、GPSロガーとしてのSTRAVAに代わるアプリを検討しました。

 

アンドロイドスマートフォンでBluetooth接続したケイデンスセンサーの値も含めてGPSログが取れるアプリを探します。

アプリのログはGarmin ConnectもしくはSTRAVAへアップロードできなければ意味がありません。

Garmin Connectへのアップロード機能をサポートするにはガーミンへ5000米ドルもの使用料を支払わなければならないそうで対応するアプリは無いようですが、STRAVAへのアップロード機能は見つけたアプリすべてに搭載されていました。

取り敢えず、手持ちのケイデンスセンサーのログも取れる次のアプリを評価しました。

 

  1. TOPEAK Panobike+
    トピーク製PANOBIKEサイクルコンピューターと連携するアンドロイド用サイコンアプリですが、単体で機能してBluetooth LEに対応したセンサーであれば他社製であってもペアリングして利用可能です。
    見やすく使い勝手も良いのですが、スピードケイデンスセンサーは独立型に対応していないようで、ケイデンスセンサーだけのペアリングでは速度ならびに距離が表示されません。
    ケイデンスは表示されます。ログ自体はGPSから取得されたものがケイデンスセンサーと一緒に記録されているので、STRAVAへアップロードされたデータに瑕疵はありません。

  2. CATEYE Cycling
    キャットアイ製スマートタイプのサイクルコンピューターと連携するアンドロイド用サイコンアプリです。Panobike+同様に単体で機能して他社製Bluetooth LE対応センサーともペアリングできます。
    ケイデンスセンサーだけのペアリング利用でもこれと言った不具合は無く、STRAVAへのアップロードも問題ありません。
    ところがSTRAVAからGarmin Connectへデータを移すと、なぜか移動時間と速度が表示されませんでした。
    STRAVAからGarmin ConnectへはSynchMyTracks freeを使っていて、このアプリの問題かも知れません。

  3. Wahoo Fitness
    Wahoo製スマートローラー用のスマートフォン向けアプリですがサイクルコンピューターとしても使えます。
    ケイデンスセンサーだけのペアリングでも問題ありませんでした。
    しかし、自動停止機能はかなり不安定なようで、一度オートポーズが働くと再スタートされないことが多く、43kmほどの道程で27kmしかログに残すことができませんでした。

  4. IpBike + IpSensorMan
    アンドロイド向けのANT+対応サイクルコンピューターアプリです。IpSensorManとの併用で外部センサーとペアリングします。
    Bluetooth LE対応はベータ版扱いなようですが、ケイデンスセンサーも心拍計も問題なくペアリングできました。
    インターフェイスデザインは古くさく野暮ったいのですが、機能は非常に多く、安定性も高いと感じます。
    できることが多いため設定項目も多くてわかりにくいのです。しかし慣れてしまえば様々なカスタマイズで使い勝手の良いサイコンに仕立てられます。
    また、STRAVA同様にロック画面コントロールができます。

 

以上4つのアプリを評価して、キャリーミーではIpBikeを常用してみることにしました。

キャリーミー以外の自転車で適当にログを取るだけの場合は、WearOS版のSTRAVAを使います。

また、トレーニング性の高いサイクリングではGarmin Forerunner 910XTを使います。

 

IpBike for Android

 

上図がIpBikeの画面です。左が基本画面で左スワイプで拡張画面を表示できます。

表示色はカスタマイズしています。また、拡張画面の表示項目ならびに表示数はカスタマイズできます。

地図もGoogle Map以外を指定できます。当方はOpen Street Mapをローカルファイルでインストールして利用するようにしました。

ローカル地図の導入にはマップファイルの他にOI File Managerのインストールも必要ですが、地図のアドオンが終わればOI Fike Managerはアンインストールしても問題ありません。

上図では現在時刻が12時間制表示になっています。24時間制の方がわかりやすいので現在は変更しています。

また、斜度もレスポンスがイマイチで有用とは思えず、今は高度表示へ項目変更しています。

パワーも仮想的なものですが、平均パワーは妥当な値まで調整できたので引き続き表示させて使っています。

 

STRAVAは設定も簡単で使い勝手もとても良いサイコンアプリだったので、センサー対応が省略されるのはとても残念です。

無料アプリでもあり、今回の決定は仕方ないところでしょう。サイクリング関連ではルートラボのサービスも来年3月で終了することが決まっています。

5年前に終了したセカイカメラもそうでしたが、便利なサービスといえどもニッチなものではビジネス化は難しく継続的な事業にするにはよほどスリムな体制を取らないと難しいのでしょうね。

そんな中、STRAVAは有料機能を充実させて、本来のサイクリングログを主体としたSNSサービスを提供し続けています。

Garmin Connectは保険です。どちらのサービスも維持され続けられればと期待しています。

|

2019.10.25

キャリーミーでも手軽に使えるケイデンスセンサー

ロードバイクトレーニング用のバーチャルライドではケイデンスもパワーメーターからの出力を利用しています。

ハブの回転数と出力から算出された仮想ケイデンスなため正確とは言い難く、特に変速時は実ケイデンスとの乖離が顕著です。

ケイデンスはもともとGARMIN GSC10の出力を使っていましたが、内部断線を修理してから極端に電池の持ちが悪くなってしまいました。頻繁に電池交換するくらいならパワーメーターの仮想ケイデンスで妥協しています。

 

そんな折り、クランクアームへ取り付けるだけでケイデンスを計測できる加速度方式のケイデンスセンサーを入手しました。

待ち合わせの時間つぶしで立ち寄ったリサイクルショップでTopaction TMC10というモデルがハンバーガーセット並みな価格で売っているではないですか。

ネットのレビューも悪くありません。しかもANT+とBluetooth Low Energyの両対応です。

 

加速度計方式ならばクランクアームへ付けるだけでケイデンスを計ることができます。

しかもBluetooth LEでも出力できるので、スマホのサイコンアプリでもペアリングできるものが多いのです。

早速キャリーミーへ取り付けて、アンドロイドスマホにインストールしているSTRAVAやTOPEAK Panobike+でペアリングさせてみると、あっさり認識して使うことができました。 

Cadence censor Topaction TMC10

付属のシリコンバンドでクランクへ固定します。取り付けも取り外しも簡単ですから、他のバイクとの共用もやりやすいですね。

サイクルコンピュータアプリは、一度ペアリングさせれば次からは自動接続します。

 

ヴァーチャルサイクリングではANT+を使っていますが、こちらもさくっとペアリングできました。

スピードセンサー兼用の設計ではないため、クランクアームのどこに付けても異常値の出力がありません。

 

あとは電池保ちが気になります。レビューでは省電力機能もなかなか優秀なようですが、持ち運びも多いキャリーミーで使うとなるとどうでしょうか。

もっとも、キャリーミーや街乗りピストでケイデンスを記録する必要はありません。それでも趣味ですから、良い買い物でした。

|

2019.10.08

好きなスマートフォンケースをライドマウントにできるTRIGOの3Mマウントとユニバーサルベース

  お好みのスマホケースをライドマウントできるTRIGO Universal TRP1543という商品を見つけました。

値段が手頃なので、廉価になっているエレコム Xperia XZ1 Compact ケース ZEROSHOCKと組み合わせてみました。

しかし、エレコムZEROSHOCKはケース背面がくぼんでいて、3Mマウントが密着しません。

そこで、3Mマウントから両面テープを剥がし、一部削ってエポキシ接着剤で貼り付けてしまいました。

TRIGO Universal TRP1543

ちなみにマウント形状がTOPEAKのQuickClickに似ています。実際スライドマウント部のサイズは同じですが、ロックノッチの位置が違うため完全互換ではありません。

合成ゴムバンド固定のユニバーサルベースは使い勝手がよく、横向きに回転させることもできます。

200kmほど使いました。振動でお辞儀してしまうことはありますが、概ね満足しています。

今回、ベースとハンドルとの間にゴムシートを挟んでみました。振動で位置が変わることも防止できそうです。

|

より以前の記事一覧