2019.05.14

キャリーミーのブレーキ交換 その4

Pacific Cycles CarryMe DS  ACOR

 

Pacific Cycles CarryMe DS 2007年モデルに続き、2008年モデルのブレーキも交換しました。

 

キャリーミーDS 2007年モデルで使用したテクトロR725が入手できないので、リテールモデルのTRP T925への交換を検討したが予算オーバー。

 

以前にアーチが長すぎて使用しなかったテクトロ 800Aのインストールも考えましたが、ACOR ABR-2801のセール品を見つけました。

 

エイカーABR-2801はロードバイク用のキャリパーブレーキで、アルミ合金ブロックからの削り出しボディのダブルピポッド。回転軸にはボールベアリングが内蔵されています。

オポジットブレーキキャリパーの名が示すのは、フロントブレーキのケーブル受けが一般的なロード用キャリパーブレーキと違い左側にあることです。

このブレーキの取り付け軸を交換してキャリーミーへインストールします。

 

リヤブレーキの取り付け軸をナット留め用のフロントキャリパーブレーキ軸へ、フロントブレーキの取り付け軸はリヤ用へ交換しました。

また、リヤ用はキタコ ケーブルエンドSET 0900-901-90003を利用して下引き化しています。

 

ブレーキケーブルの動きをできるだけ良くするためとクリアランス確保のため、ブレーキアジャスターは付属品に代えてフレキシブルタイプ。

リヤはアウターキャップ径(先端径)が6mmのダイアコンペ ショートフレキシー、フロントブレーキにはアウターキャップ径が5.5mmのテクトロ BR-TK-051を使っています。

 

残念ながらアーチ長が足りず、BOMAオフセットブレーキシューケースを併用。

フロントブレーキはヘッドチューブのスライドヒンジボルトと干渉したので、ボルトをクイックリリースレバーへ付け替えました。

 

尚、折りたたみ時にブレーキアウターの屈曲によりブレーキが引かれて後輪が動かなくなるので、その際はブレーキのクイックリリースレバーを解放することで対処します。

|

2019.05.13

キャリーミーのリヤアクセルシャフトの中空化 その3

Pacific Cycles CarryMe DS  リヤホイールクイックリリース化

 

Pacific Cycles CarryMe DS 2007年モデルに続き、2008年モデルのリヤホイールも中空軸化しました。

 

こちらは、ホイールロックシャフトもクイックリリースにしています。

後輪のクイック化ですね。

手持ちのシマノ製クイックリリースレバーが意外と収まり良いのと、2007年モデルから外したホイールロックナットを使って、フロントのロックナットと合わせることで見栄えも考慮しました。

 

2007年モデルの方は、購入から12年を過ぎてスピードドライブやフレームからの異音が大きくなっています。

今後はこちらのキャリーミーを使い、2007年モデルはバックアップ用として整備しなおすつもりです。

|

2019.05.10

Pacific Cycles CarryMe キャスター車輪交換

Pacific Cycles CarryMe DS  キャスター車輪交換

 

今更ですが、キャリーミーのコロコロ、キャスター車輪をボール軸受け(ベアリング)タイプへ交換しました。

 

以前からキャリーミー向けのベアリングキャスター車輪は販売されていましたが、どれも元の車輪の径よりも大きいため、自立時のバランスが変わるのが嫌で交換にいたりませんでした。

 

最近、オリジナル車輪と同径なタイヤ径40mmのベアリング軸ホイールが旅行用トランクケースの補修用として販売されているのを知ってサイズを確認したところ、軸径6mm、厚さ18mmとキャリーミーのキャスター車輪とまったく同じサイズでした。

 

工業用ベアリングを採用したものから、鉄にニッケル鍍金の本体に硬球を入れただけの廉価モデルまであります。

錆は心配ですが、お試しということで今回は廉価モデルを手配しました。

 

キャリーミー2007年モデルではリヤラックの形状の関係で内径6mm、厚み5mmのアルミカラーを併用して取り付けていますが、2008年モデルはベアリングキャスター車輪だけを元々のネジとワッシャーでインストールしました。

 

回転のスムースさもさることながら、硬質プラスチックの車輪から硬質合成ゴムのタイヤになって転がしやすくなりました。

 

車輪径は今までと変わりませんので、自立させた状態でも変わりなく転がせます。とても良いですね。

|

2019.05.09

ブラックバーンアウトポストカーゴケージ

Pacific Cycles CarryMe DS 2008

 

整備中のキャリーミーDS 2008年モデル用にブラックバーンアウトポストカーゴケージを使ってみました。

純正のボトルケージマウンターを介して、フロントキャリア台座へ固定しています。

標準の取り付け穴の位置では使いにくいので、ブラックバーンのロゴが入っている位置に取り付け穴を追加加工して、ハンドルポストを縮めてもステムが当たらない高さにしています。

付属ベルトで縛れるものなら、大抵のものは固定できてとても便利。

2リットルのペットボトルどころか、1ガロン(3.78リットル)でも余裕です。

自分はキャリーミーの標準バッグを括り付けるつもりですが、現状ブレーキアウターケーブルが干渉するので、長いものへ換えてループさせることで対策するつもり。

|

2018.12.23

Pacific Cycles CarryMe DS 2008

Pacific Cycles CarryMe DS 2008 & 2007

和田サイクルさんは現在店舗改築以来の倉庫移動中で、ここ10年間に仕舞い込んだものがいろいろと発掘されているそうです。

写真左のキャリーミーDSは、当時の試乗車だったそうです。
自分と同じ2007年モデルの試乗車は今でも鮮明に覚えていますが、このグリーンの2008年式は記憶になく新鮮です。

キャリーミーは毎年改良が重ねられて現在でも販売されています。

しかし、自分の2007年モデルとは仕様が随分変わって、愛車が修理できないほど壊れたら困るなあと思っていた矢先なので、ほぼ同じ仕様の2008年モデルを入手できたのは幸運でした。

いつもありがとうございます。

2008年モデルのDSは現行キャリーミーと同じクランク長160mmと聞いていましたが、写真のものは2007年モデルと同じように170mmでした。

キャリーミーは2009年モデルから、全体の強度を上げるため、フレームの長さやシートチューブ径などが大きくなっています。

2008年モデルも細かく仕様が変わっていますが、シートポスト径は2007年モデルと同じ27.2mm。

使用中のシートポスト一体タイヤポンプがそのまま使えます。

予備車両としては理想的なものでした。どちらのキャリーミーも大事に使っていこうと思います。

| | トラックバック (0)

2017.03.29

キャリーミーのチェーン交換と折り畳みヒンジのブッシュ交換

キャリーミーDSも10年目を迎え、フレームの剛性感の低下が気になっている。

走行距離は6千キロメートルほどになるので、チェーンと折り畳みヒンジの樹脂製ブッシュを交換することにした。

キャリーミーのチェーンはRS25規格のもので、ポケバイでお馴染みのもの。

構造上、チェーンを切ることなく交換できるため、交換用のチェーンも輪にした状態でパシフィックサイクルズが安価に提供している。

但し、年式によってチェーンのリンク数が異なっており、2009年モデル以前は168リンク、2010年モデル以降は166リンクなので、購入時は注意が必要だ。

キャリーミーDSは、168リンクを使用する。

キャリーミーのチェーン

キャリーミーのチェーン

新しいチェーンと使い古したチェーンを比べると、1コマ近くも伸びている。


折り畳みヒンジのブッシュも交換した。

キャリーミーの折り畳みヒンジのブッシュ

このブッシュはヘッドチューブとフレームを繋ぐヒンジ、ヘッドチューブとヘッドチューブステーとを繋ぐヒンジ、ヘッドチューブステーとフレームとシートチューブを共締めして繋ぐヒンジ、そしてシートチューブステーとフレームとを繋ぐヒンジの計4カ所に入っている。

左右に圧入されているので、都合8つのブッシュが使われている。

シートチューブ根本のヒンジを外すには、スピードドライブまで外す必要があるので、ここのブッシュの交換は見送った。

ヘッドチューブとヘッドチューブステーとを繋ぐヒンジのブッシュにもヘタリが見られなかったため、ここも交換しなかった。

ヘッドチューブとフレームを繋ぐヒンジのブッシュは右側が破損していて、ヘッドチューブのガタの原因になっていた。

シートチューブステーとフレームとを繋ぐヒンジのブッシュにも割れが見られたので、交換している。

キャリーミーの折り畳みヒンジのブッシュ

尚、ヒンジのボルトはネジ止め剤を塗って、脱落防止に努めている。

| | トラックバック (0)

2016.10.25

ジャパンカップクリテリウムと京急サイクルトレイン

次女Y氏のダンスチームがコンテストに出場するための上京予定だったのだが、チームが解散になってしまったので慰労会へと変更された。

94歳になるお祖母ちゃんが松茸をご所望で、キタさんのご厚意で地元産を分けていただいた。
みーちゃん氏はそれを持参するという。

ちょうど宇都宮でジャパンカップが開催されるし、日曜日には京急サイクルトレイン powered by Pacific Cycles Japanというイベントも開催されるので、一緒に上京することになった。

Y氏のダンスチームは、RUSH BALLのKYOKAさんがこちらの地元メンバーから4名を選抜して結成し、振り付けから指導までされた。

名古屋の大会で特別賞をいただいたが、或る親が結果を不服として子のメンバー脱退を申し入れ、解散となった。

Y氏も他の子も、メンバー発表当初からこんな結末を予想していたので、意外ではなかったそうだがショックは隠せなかった。

Y氏はメンバーの一人とダンスペアを結成して再始動。

ソロとしてはStudio SWAGのKONNICHIWAで、D-BLASTに参加できることになった。毎回の練習で上京が必要なので頭が痛い。


キャリーミーで宇都宮を目指す

宇都宮へはキャリーミーで自走。

笹目通りから埼玉県道65号線、国道4号線ってなルートになるのだが、とにかく普通の道路を延々と走るのでおもしろくない。

幸手の商店街で「らき☆すた」の色褪せたフラッグを見つけて、かなり癒された。

4号線バイパスは自転車走行不可のため側道を案内されるのだが、途中で畑の畦道へと迷い込んでしまった。

ペースも落ちて、16時に間に合いそうにない。

尻も痛いので、間々田から電車輪行へ切り替えた。

13時28分に宇都宮駅着。人の波へ付いて、クリテリウム会場へと歩く。

交通規制は14時からだそうだ。歩道に設営されたフェンス前は、すでに場所取りが終わっていた。

コンビニで昼食を買って、知り合いでもいないかとぶらぶらする。

クリテリウムコースと交差する道路は、交通規制開始の14時にフェンスが設営される。そこは場所取りされていない。

ゴールからは離れているが、なんとかフェンス前に観戦場所を確保することができた。

大前さんが目の前を歩いて行かれたので声を掛けたのだが、残念ながらこちらに気が付かれなかったようだ。

地元高校生選抜とインターハイ出場選手から招待された高校生による3周回のレースから、クリテリウムが始まった。

元ボンシャンス飯田の日野友葵選手が出場するガールズ競輪の選抜選手のレースが続き、いよいよジャパンカップサイクルロードレースクリテリウム!

レース前に選手全員によるパレード走行がお祭り気分を盛り上げる。

このクリテリウムで引退するファビアン・カンチェラーラへの声援と同じくらい、ブリヂストンアンカーの井上和郎選手に精一杯の声援を送った。

和郎さんも今年で現役を引退する。寂しいなぁ。

昨年のこのクリテリウムで別府史之選手に勝利をもたらしたカンチェラーラ擁するトレックファクトリーレーシングは、花咲じいさんよろしく、メンバー全員でチームジャージをウレタン製キーホルダーにしたPRグッズを観客へ配りながらパレード。

トレックは蛍光イエローなジャージの上、カンチェラーラのバイクには前照灯と尾灯が付けられて、とても目立っていた。

ラッキーなことに、別府選手が直接グッズを渡してくださった。

別府選手は、トレックファクトリーレーシングチームと三度目の契約更新を終えたばかり。再び二年契約だそうだ。

ランプレメリダの新城幸也選手は、沿道の観客にハイタッチしながらの周回。

新城選手ともハイタッチできて、来た甲斐がありました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニの福島晋一監督がチームカーを駆って通り過ぎたので、声援を送る。

2016年10月22日ジャパンカップクリテリウム

レースは終始トレックのコントロール下ながら、ボアソン・ハーゲンのアタックがあったり、新城選手もアタックしたし、彼の笑い声も聞けたし、ゴール前から遠いので展開より雰囲気を楽しんだ。

昨年同様にトレックのチーム力が発揮され、別府史之選手が二連覇。

ヴィクトリーランの別府選手に声援を送る。

カンチェラーラは途中でショートカットしてしまって来てくれなかったのが心残りだったが、観戦を終えて駅へ向かう途中で見かけることはできた。

表彰式を見たいと思ってオリオンスクエアまで行ったものの、翌朝早いので雰囲気だけ味わって駅へと戻る。

キャリーミーがあるので、こういった移動が気軽で便利だ。

輪行で赤羽駅、自走して荻窪の二郎ラーメンで夕食とした。

京急サイクルトレイン powered by Pacific Cycles Japan

翌日曜日は品川駅までキャリーミーで自走して、京急みさきまぐろきっぷで行く「京急サイクルトレイン powered by Pacific Cycles Japan」に参加。

今回の京急サイクルトレインは、今年5月の三浦半島観光連絡協議会協賛に次ぐ第二回目のイベントなのだそうだ。

前回と違い、今回はパシフィックサイクル社製折り畳み自転車での参加が必須条件。

募集140名のところ、百名ちょっとの参加。

Pacific Cycles Japanでは百名の予定だったそうだが、京急から140名の打診があったのだそうな。

ちなみに、5月が募集70名で新1000形1355編成、今回は1096編成と2両増えている。

また、5月はロードバイクが中心だったそうで、駅構内を自転車のまま運ぶことができるように手配されていたが、今回は折り畳み自転車だけということもあってか、駅構内は折り畳みの上にカバー必須とサイクルトレインじゃなかろうもんって感じではあった。

駅構内で自転車を畳んでカバーまで掛けるので、写真のように電車内でも畳んだまま。

今回はゲストとしてアリキリの石井正則さんがいらっしゃっていて、参加者一人一人に声を掛けてくださったのが好印象だった。

帰りの電車内ではご自分のチェキで、ひとりひとり記念写真までプレゼントしてくださった。

マネージャーらしき若い方も礼儀正しく、石井さんの人柄に感心した。

品川から三浦海岸までの輪行ってな次第で、石井さんの来訪の他は特にイベントはなく、乗り合わせた方々との会話を楽しみながらゆったりと電車に揺られていた。

三浦半島サイクリング

今回は折り畳み自転車ばかりのため、みさきまぐろきっぷを使ってのバス輪行も考慮して自転車ガイドの人員はなく、3箇所のチェックポイントが設けられ自由サイクリングという趣向。

20名ほどで参加しているサイクルハウスしぶやさんのカスタマーグループは、食事場所も予約していることもあってグループ行動。これに初心者さんたちが付いていく格好になったそうだ。

海無し県住まいの自分は、海岸線から離れられずに県道215号線をひとり走っていた。

北九州から軽トラを走らせて駆けつけた強者、福助さんと知り合って、城ヶ島で昼食をご一緒させていただいた。

福助さんは土曜日に琵琶湖畔をキャリーミーでサイクリングして、今日はこのイベントに参加。帰路はサイクルトレインに乗車せず、浦賀駅前に停めている車で12時間運転して帰ると言う。
なんともパワフルな行動力に舌を巻いた。

みさきまぐろきっぷでの昼食後は、ふたたび一人旅。

向かい風の中、最後のチェックポイントとなる浦賀に到着。
帰りの電車までまだ時間があったので、浦賀の渡しから海岸沿いに観音崎まで走り、さらに横須賀を目指した。

馬堀海岸を過ぎた辺りで戻る時間を計りかね、久里浜方面へと今日はじめて三浦半島の内陸へ向かう。

浦賀丘を越える登坂をサイクリングの締めとして、浦賀駅へと下っていった。

イベントを楽しむというより、三浦半島サイクリングを楽しんだ日曜日だった。

品川から和田サイクリングさんまで自走。

高輪森の登坂で見覚えのあるジャケットを着たBirdyのサイクリストに追いついた。
石井正則さんだった。楽屋入り現場入りは基本自転車とおっしゃっていたが、その通りだった。
登坂は苦手なようだ。「この坂きついですねぇ」と声を掛けてくださった。

お祖母ちゃんは松茸を大層喜んでくれて、キタさんには感謝に堪えません。ありがとうございました。

それにしても、石井さんと撮っていただいた写真に愕然。老けたなぁとしみじみ感じる。

| | トラックバック (0)

2016.10.09

キャリーミーのリヤアクセルシャフトの中空化 その2

先日、キャリーミーDSのリヤホイールアクセルを中空軸へ交換した。

キャリーミーのリヤホイールはオーバーロックナット寸法が100mmで9mmのシャフト。
エンドの厚みを考慮すると、スポーツ自転車のフロントホイールアクセル(ハブ軸)を使用して中空軸化ができる。

但し、キャリーミーの軸受けは内径9mmのシールベアリングなので、中空軸化する場合はベアリングの内輪が当たる部分までネジが切られているものでないと軸径が足りなくなる。

M9のハブ軸のほとんどは、ネジが切られた部分はネジ山の外径の9mmだが、ネジのない部分はネジの谷の外径に合わせられているため、直径は9mm未満である。

そのため、ベアリングの内輪がハブ軸のネジが切られていない部分に当たると、そのベアリングはハブ軸からわずかに浮いた状態となってしまう。


さて、フロントの中空ハブ軸を流用すると、チェーン引きは内側(オーバーロックナット寸法内)にしか付けられない。
そのため、ロックナットやワッシャーの厚みを薄くして、チェーン引きを入れるスペースを確保する必要がある。


シマノのM9で厚さ3mmのロックナットと、内径9mmで厚さ1.5mmのアルミワッシャーを通販で手配した。

ところが、シマノのロックナットの在庫が無く、納期は早くても今月末との回答。

仕方ないので、使っていないホイールから2枚だけ誂えることができた。

そこで、1.5mm厚ワッシャーと5mm厚のロックナット、そして3mm厚のロックナットを左右へそれぞれ一枚ずつという構成にした。

内径9mmのアルミワッシャーとキャリーミーのコグ

ひとつ問題があり、コグ側はベアリングの外径が小さいため、ワッシャーを削り込まないとベアリングの外輪に当たってしまう。

そこで、写真のように泥縄な加工でワッシャーの外径を小さくしている。

中空軸化したキャリーミーの後輪

手配したワッシャーとロックナットで組み付けをし直し、キャリーミーのリヤアクセルシャフトの中空化を終えた。

| | トラックバック (0)

2016.10.03

キャリパーブレーキの下引き改造

秋の長雨と言いますが、今秋は例年に比べても昼間の雨が多いと感じます。

それでも、昨日の日曜日は秋雨の中休みというように晴れ間がのぞき、当地では一斉に運動会が開催されていました。

仕事の合間に、長男の勇姿を眺めにいった次第です。

彼の小学校は母校なのですが、当時の生徒数の三分の一もいません。

都市のドーナツ化現象と少子化のダブルパンチで、近隣の小中学校の生徒数はどこもそんな感じです。

にも関わらず、1kmと離れていない学校同士を合併させようという話しがまったく出ない。

変化に消極的な土地柄は、あらゆるところに見られます。そこを上手いこと突いて、美味しいところをかっさらうのは大抵が外部からの勢力な訳です。


どうでもいい枕が長くなったところで、スポーツ用自転車のキャリパーブレーキの下引き改造のお話し。

20161003_121621

写真はキタコ ケーブルエンドSET 0900-901-90003というバイク用の小物です。

ごらんの通り、ワイヤー端の汎用タイコ。クラッチワイヤーの応急修理用として販売されているものです。

自転車用キャリパーブレーキを下引きへ改造する際、自転車用品の中では適当なワイヤー止めが商品ラインナップされていないので、このようなバイク用品の存在を知らないと余計な手間が掛かります。

SHIMANO BR-4400 下引き化改造

バイク用ケーブルエンドを使って、シマノ・ティアグラのキャリパーブレーキを下引きタイプへ改造してみました。

ケーブル固定板とケーブルアジャストボルトを外し、ケーブル固定板があった場所へケーブルアジャストボルトをクリップと一緒にねじ込んだだけです。

キタコのケーブルエンドを使って、ケーブルアジャストボルト側でブレーキケーブルを固定しています。

キャリーミーも、リヤブレーキなら、これがそのまま使えました。

どうしてもチェーン側にブレーキケーブルを配索したかったので、ボツ案ですね。

| | トラックバック (0)

2016.10.02

Pacific cycles CarryMe DS with drop handlebar

台湾パシフィックサイクルズのキャリーミーDS 2007年モデルをカスタマイズして使用している。

2007年3月に和田サイクルさんで購入して、一週間後にはドロップハンドル化した。

また、ポジションを合わせるため、ステムをスペシャライズドの130mmとした。

併せて、サイクルコンピューター(サイコン)を搭載すると共に、ブレーキシューをシマノのアルテグラ・グレードへ換えている。

その後、シートポストをダホンの空気入れ内蔵タイプにして、サドルもスペシャライズドへ換装した。

ペダルは三ヶ島製作所のFD-6を使っていたが、破損後はZEROBIKEで使用していたVP-166S。
最近になって右ペダルはVP-166Aへ交換し、左はケージのみVP-166A用に換える改造を施している。

つい先日、ブレーキキャリパーと後輪のアクセルシャフト、そしてチェーン引きを換えた。

この時、サイコンのセンサーとブレーキが干渉したため、サイコンは取り外した。

Pacific cycles CarryMe DS with drop handlebar side-view

Pacific cycles CarryMe DS with drop handlebar front-view

Pacific cycles CarryMe DS with drop handlebar rear-view

Folding form of “Pacific cycles CarryMe DS with drop handlebar”

このキャリーミーも十年目。実用一点張りでカスタムしてきた。

定番とも言えるチェーン引きやブレーキキャリパーの交換が後回しになったが、やっと気になっていた部分すべて片づいた。

とてもユニークな自転車で、今でも継続生産されているものの仕様は大幅に変わっている。

今後も修理できないような破損や故障をさせないように使ってゆきたい。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧