« 好きなスマートフォンケースをライドマウントにできるTRIGOの3Mマウントとユニバーサルベース | トップページ

2019.10.09

パシフィックサイクルズ キャリーミー (Pacific Cycles CarryMe) の軽量化を考える

Pacific cycles CarryMe DS 2008 with drop handlebar

Pacific cycles CarryMe(キャリーミー)をあちこち連れ出す時、もう少し軽ければなぁと感じることがあります。

そこで軽量化を検討。

  1. シートポスト 400g
    セットバック有り KCNC SEPRO Lite AL75 Seatpost 31.6mm 350mm - 216g, 400mm - 248g
    セットバック無し KCNC Ti Pro Lite Scandium Seatpost 31.6mm 350mm - 165g, 400mm - 186g
    ブラック、レッド、イエロー、シルバー アルマイト4色展開 Bike24

  2. ペダル 405g
    折りたたみペダル Sapience YP-126 370g ブラック、レッド、イエロー、シルバー アルマイト4色展開 Cyclingexpress
    着脱式ペダル TWTOPSE チタン車軸自転車ペダルなど 193g シルバー&ブラック Aliexpress

  3. ブレーキレバー 233g
    クランプ径22mm、キャリパーブレーキ用 ブロンプトン向けにリリースされているモデル 54g ~

  4. ブレーキアウターケーブル 2.1m - 135g
    日泉ケーブル株式会社ウルトラライトブレーキケーブル(ライナー入り) 2m - 55g アルミコイルなため潰れやすい

  5. サドル 400g
    カーボンベースなら 100g ! お尻に合わないサドルは苦痛なので、交換は慎重に

  6. クランクとBB 453g, 295g (DS: 907g, 544g)
    110PCD 5アームスパイダーのクランク
    THM-Carbones Clavicula SE 293g, BB Hybrid Ceramic Road for BSA 72g セットで1324ユーロ! r2-bike
    DSの場合クランクが重すぎなので、キックプレートに隠れる部分を肉抜き加工するのが現実的か?

  7. ヘッドパーツ 176g
    TANGE FL270C 100g

  8. リンクボルト 83g
    Multi-S チタンボルトセット 57g

  9. キャリパーブレーキ 156g
    KCNC CB3 85g (要オフセットシュー +18g) 注).枕頭ナット仕様

  10. ホイール軸
    Multi-S セラミックベアリングキット を使用するとフロントホイール軸がジュラルミン化で34gの軽量化ができるそうです

  11. ヘッドチューブ
    同サイズのドライカーボンパイプへ交換することで軽量化できるそうです

 

費用対効果と実現の難易度を勘案してリストアップしてみました。

各パーツタイトルに併記した数字はキャリーミーに採用されているパーツの重量ですが、年式によって違いはあります。

折りたたみ自転車のシートポストは頻繁にクランプの締め弛めを繰り返すため、金属製で高精度かつ軽量なKCNC製一択だと思います。

サドルは合う合わないがあるので、軽量化しやすいのですがリスクも高いです。合わないサドルだと、お尻の痛みで使い物になりません。

リストからクランク&BBの交換が軽量化に一番効くことがわかります。しかし、軽量クランクはとても高価です。

また、標準のクランクは160mm長であることにも注意が必要です。ちなみに、DSは2008年モデルまで170mmでした。

 

と言うことで、キャリーミー3台分の予算があれば、軽量パーツへの交換だけで6kg台のキャリーミーを組めますね。

|

« 好きなスマートフォンケースをライドマウントにできるTRIGOの3Mマウントとユニバーサルベース | トップページ