« カットパンク | トップページ | ひと区切り »

2017.11.28

初冬のヒルクライム

陣馬形山から中央アルプスを望む(2017年11月28日)

予想最高気温17度、最高風速3m、快晴という絶好のコンディションなので、体力に不安はあるものの陣馬形山へ上った。

出発時点は濃霧で視界不良。

中川村へ入る頃に霧は晴れ、まぶしい程に雪が輝く南駒ヶ岳連峰が迫る。

渡場の温度計は、摂氏1度の表示だった。

小渋湖から折草峠経由で上る。

四徳で橋梁検査のための通行止めがあったが、自転車や歩行者は通過できた。

夏以来のヒルクライムとあって、脚が回らない。

それでも、なんとか陣馬形山山頂までたどり着けた。

陣馬形山から南アルプスを望む(2017年11月28日)

この時期のヒルクライムは、ウェアに気をつかう。

今日はボトムが薄手のロングタイツにキャノンデール3シーズンウィンドパンツ。
トップスはユニクロのドライメッシュ長Tをインナーに、ルコックのロングスリーブジャージの上からペダレッドのKANAYAジャケットを羽織った。
シューズはシマノのSH-MW02。
ヘルメットインナーとしてクラフトのビーニー、グローブはキャンノンデールの3シーズンプラスグローブを使った。

上りで額から汗がしたたったが、山頂で汗冷えすることはなかった。

風が穏やかで、日差しにより気温も上がっていたのだろうと思う。

下りでは手の指先が冷たく感じたものの、グローブ内蔵の防風ミトンを付けてしのげた。

昨冬は下り用に防風素材のオールインワン(つなぎ)を持参していたが、この位の天候なら、今日のような服装で十分なようだ。

|

« カットパンク | トップページ | ひと区切り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/66098893

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬のヒルクライム:

« カットパンク | トップページ | ひと区切り »