« シマノ・デュラエースのクランクが折れたので、アルテグラへ交換した | トップページ | Garmin スピードケイデンスセンサー GSC10 修理 »

2017.05.09

長野県道1号線為栗平岡間通行止め

長野県道1号線が為栗(してぐり)の先、羽衣崎手前で大規模な法面崩落のため3月末から通行止めになっています。

長野県道1号線為栗平岡間法面崩落

そのため、平岡方面へは、為栗から和知野川沿いに県道430号線で国道151号線へ迂回して阿南町新野(にいの)へ、そして国道418号線で平岡というルートしかありません。

ゴールデンウィークに南信濃からしらびそ高原へサイクリングへ行ったところ、大迂回する羽目になりました。

通常なら10分で抜けられる所を2時間余分に走ることになり、ふじ姫饅頭を食べられませんでした。

この崩落の復旧のめどは立っていません。


南信州遠山郷下栗の里

飯田市街から自転車で遠山郷やしらびそ高原へ行くには、北へ回って大鹿村経由で国道152号線を南下して地蔵峠を越えるのが適当です。

しかし、しらびそ高原への登坂は地蔵峠から上るよりも、国道152号線の上島トンネルから赤石林道を通って、下栗の里の一番下から上って行くのが楽しいですね。

そこで、長野県道251号線で喬木村から赤石峠を越えます。

ところが、赤石峠は落石などによる通行止めが絶えません。

赤石峠の落石

県道251号線は、自動車専用道路の国道474号線の迂回路になります。

このルートも使えないとなると、自転車では周回が難しくなります。

サイクリングシーズンです。県道1号線の早期復旧に期待したいところですね。


尚、県道430号線から続いて売木村へと抜ける県道46号線ですが、国道151号線から売木村の間で法面崩落が懸念される箇所があり、一部通行が規制されています。

そのため、通り抜けはできないようです。

|

« シマノ・デュラエースのクランクが折れたので、アルテグラへ交換した | トップページ | Garmin スピードケイデンスセンサー GSC10 修理 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/65259230

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県道1号線為栗平岡間通行止め:

« シマノ・デュラエースのクランクが折れたので、アルテグラへ交換した | トップページ | Garmin スピードケイデンスセンサー GSC10 修理 »