« ジャパンカップクリテリウムと京急サイクルトレイン | トップページ | シートポストのサドルクランプボルト破断 »

2016.10.31

ロードバイク用大容量サドルバッグ “GIANT SCOUT SEAT BAG”

ロードバイクなどで使える大容量のサドルバッグは長年ORTLIEBサドルバッグのLサイズを使ってきた。

防水で2.7Lと大容量だが、それでも輪行バッグは薄手でコンパクトに畳めるものでないと入らない。

先に購入していた輪行バッグが入らず、ちょっと当てが外れた。

それでも、ロードバイクで使えるサドルバッグとして当時は唯一無二な大容量タイプだったので、工夫して活用してきた。


3年ほど前にブラックバーンの アウトポスト シートパック&ドライバッグを見つけて購入を検討したが、高価なので逡巡している機会を逃してしまった。

アウトポストシートバックはシートポストとサドルに吊り下げるバッグとしてはとても大容量で、最大11Lもの容積がある。

その後、同種のサドルバッグが各社よりリリースされているが、いずれも高価だった。

昨年、ジャイアントから”GIANT SCOUT SEAT BAG”という安価なモデルが登場した。

和田サイクルさんで実物を拝見し、良さそうだったので購入した。

GIANT SCOUT SEAT BAG

昨日、出先でパンを購入して持ち帰る用途に初めて使ってみた。

SCOTT CR1のサイズはMサイズ(仮想トップチューブ長540mm)。

写真の状態で、パンク修理の道具とウィンドブレーカー、購入したパンと補給食が入っている。

この状態で標高1600mの峠越えを含め160kmほど走ったが、とても快適にサイクリングを続けることができた。

冬の峠の下りで使う防寒具はとても嵩張るので、これからの季節は"GIANT SCOUT SEAT BAG"が活躍しそうだ。

|

« ジャパンカップクリテリウムと京急サイクルトレイン | トップページ | シートポストのサドルクランプボルト破断 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/64423804

この記事へのトラックバック一覧です: ロードバイク用大容量サドルバッグ “GIANT SCOUT SEAT BAG”:

« ジャパンカップクリテリウムと京急サイクルトレイン | トップページ | シートポストのサドルクランプボルト破断 »