« お休み処大平さんに助けていただく | トップページ | キャリーミーのブレーキ周り変更 »

2016.09.19

電気スタンドの故障?

掃除後、スタンドのスイッチをタップしたのに明かりが点らない・・・。

シャープのLS-R10というスタンドで、25年ほど前の製品だ。

なにかの拍子に一瞬電球が点いたので、どこかの接触不良かも知れない。

分解するには、底面を開けるのが手っ取り早い。

本体にはねじ穴が無いので、背面パネルの勘合の構造を調べて上手に取り外す必要があるだろう。

いやいや、底面に転倒時オフスイッチがある。これの接触不良かも?

とりあえず、電球切れという単純なことかも知れない。
同じ規格の器具にスタンドの電球を差してみると点灯した。電球は切れていない。


スタンドのスイッチは静電タイプのいわゆるタッチセンサー。電子部品の経年劣化かも知れない。

さて、修理できるだろうか。とりあえず、メーカー修理対応可能かをサポートへメールしてみようか・・・。

とりあえず所用のため、いったん放置することにした。


帰宅して、今一度スタンドの状態を確認する。

底面の転倒検知スイッチを何度となく押し込んだり、背面の調光スライダーを動かしたりするうちに、一瞬点灯した。

はて?あ、そうか!静電スイッチと背面スライダーはアンド動作だった・・・。

蛍光灯も、背面スイッチと静電スイッチがアンド動作なのだ。

SHARP LS-R10

背面スライダーや背面スイッチが点灯モードになっていて、なおかつ静電スイッチをオンにすると点灯する。

掃除の際、何気なく背面スイッチをオフの状態としてしまったようだ。

思い出してみればいたって単純な操作ミス。しかし、思い出すまで、この操作方法を見つけられなかった。

老化だな。駄目じゃん。

|

« お休み処大平さんに助けていただく | トップページ | キャリーミーのブレーキ周り変更 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/64225046

この記事へのトラックバック一覧です: 電気スタンドの故障?:

« お休み処大平さんに助けていただく | トップページ | キャリーミーのブレーキ周り変更 »