« ゴルフトゥーランのバッテリー交換 | トップページ | 今年も彼は来た? »

2015.12.24

コンパクトクランク

あたたかなクリスマスイブ

クリスマスイブなのに、朝の最低気温が5度。

日中は気温が14度まで上がり、日射しも手伝って、体感では20度以上にも感じた。

南アルプスに懸かる雲も、冬らしく見えない。

FC-6650G

アディクトのクランクを、FC-7800からFC-6650Gへ替えた。

いわゆるコンパクトクランクで、フロントチェーンリングが52-38から50-34になった。

外したクランクはCr1で既に使っている。Cr1は、FC-6601Gの53-39からFC-7800の52-38となった格好だ。


コンパクトクランクへの交換自体は簡単で、チェーンリング付きで取り替えただけ。

今のところ、FDの調整もチェーンの詰めもしていない。

90kmほど走ってきたが、特段不満は無いので、このまま使ってみるつもり。

アディクトのチェーンフォールプロテクター

ただ、チェーンフォールプロテクターは交換した。

アディクトのシートチューブは34.9mm径なので、ノーマルクランクではバンドタイプの写真左のチェーンフォールプロテクターを使っていた。

ところが、シートチューブはBBに向かってテーパー状に太くなっていて、34歯のチェーンリングに対応する位置へチェーンフォールプロテクターを下げられない。

アディクトはFDの直付け台座がカーボン製なため、FDと共締めするタイプのチェーンフォールプロテクターは使いたくない。

そこで、34.9mm径以上でも使えそうなバンドタイプのチェーンフォールプロテクターとして、サードアイ・チェーンウォッチャーを手配した。

写真右側が、サードアイ・チェーンウォッチャー。なんとか収まっている。

すこし大仰な気はするが、フロントインナーのチェーン落ちはダメージが大きいので、それが完全に回避できるなら問題ない。

ところでコンパクトクランクにした効果の程だが、今日は確認できるほどのヒルクライムができなかった。

アップダウンが緩いコースでは、ちょっと合わない感じ。

来春、大平街道の冬季閉鎖が解けたら、タイムの変化で評価したい。

|

« ゴルフトゥーランのバッテリー交換 | トップページ | 今年も彼は来た? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/62933167

この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトクランク:

« ゴルフトゥーランのバッテリー交換 | トップページ | 今年も彼は来た? »