« 莫迦すぎ?ラーメン三連発 | トップページ | カーボローディング? »

2015.06.01

10s対応TAシクロツーリスト互換チェーンリング

オオマエジムショさんへお邪魔しました。

今回も楽しいお話しを、どうもありがとうございました。

オオマエジムショさん訪問(2015年5月31日)

こちらへお邪魔すると、毎度興味深く勉強になるお話しや、眼福至極な逸品に出遭えます。

今日の逸品は、ちょうど塗装&メッキから上がってきた20インチのデモンタブル。

もともと、超有名ビルダー氏が海外の自転車レース観戦用として、小柄な奥様のためにあつらえたものだそうです。

ラダー状に組んだメインフレームを後ろ三角に差し込むタイプですが、使用されているパイプが極薄なもので、その軽さに吃驚しました。

製作から20数年の歳月が経ち、かなり痛みがひどかったそうです。
しかし、凹みも歪みもまったくありません。
メインフレームは綺麗に再メッキされ、後ろ三角も目の覚めるようなグリーンに再塗装されていました。

フォークは後年再製されたものだったそうですが、前後タイヤ規格が違ってしまったそうなので、今回ブレーキ取り付け位置を直すかフォークを改めて再製作するかで、ビルダーさんの元へ戻っているとの事で見られませんでした。

あまりにプライベート色が強いフレームと感じ、写真はお願いしませんでした。


個人的に魅かれたのは、表題の10s対応TAシクロツーリスト互換チェーンリング。

写真左にあるチェーンリングで、サンエクシード(ジョイジャパン)の製品です。

デザインがレトロすぎるとは思いましたが、アウターの歯も変速性能を考慮した設計で、さらにきっちり変速ピンが設けられ、10速対応しています。

|

« 莫迦すぎ?ラーメン三連発 | トップページ | カーボローディング? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/61677890

この記事へのトラックバック一覧です: 10s対応TAシクロツーリスト互換チェーンリング:

« 莫迦すぎ?ラーメン三連発 | トップページ | カーボローディング? »