« 陣馬形山 2014秋 | トップページ | キャスターボード(2輪スケボー)の収納ラック その2 »

2014.10.30

キャスターボード(2輪スケボー)に挑戦してみた

次女がキャスターボードをはじめた。

上手なもので、自分のボードを手にしたその日には乗り回していた。


昨夜の世界ふれあい街歩きにロビー・ナッシュが出ていた。

ロビー・ナッシュはウィンドサーフィンの帝王だ。久しぶりに名を聞いて、当時を思い出した。

80年代、ショートボードが主流になる少し前までウィンドサーフィンをしていた。

都内でもまだショップが少なく、瀬田交差点近くにあった専門店(今ではペットショップになっているようだ)で一番安かったアルファのコンプリートモデルとドライスーツを買って、本栖湖やお台場、材木座海岸あたりでやっていた。

三年ほどやったと思うが、結局、水遊びの域からは脱することなく止めてしまった。

せめて、大会などで何らかの結果を出しておけば良かったと、残念に思っている。


もう長いことボードセイリングはしていないけど、昔取った杵柄ってことで、次女にキャスターボードを借りて乗ってみた。

次女の指導を受けながら、30分ほどでなんとか乗れるようになった。

まだイメージ通りに走ることはできない。

下半身をツイストしているつもりなのに、上半身ばかりを左右に振っている。全然進めていない。

ひとりで練習できるくらいには乗れるようになったので、あとは人目を忍んでじっくり練習するつもり。


なお、キャスターボードは肝心のキャスターと車輪の動きがスムースで、剛性も高いものでないと上達が難しいことを実感した。

最初、光るウィールが付いたRollerSurfer Flameというモデルで練習していたのだが、光るウィールは回転が渋く、速度の落ちが早く微速も維持できない。

そのため、失速するとボードの上でバランスが取り辛い。

次女のRollerSurfer Manta Rayを借りたところ、少しぐらいバランスを崩しても、体重移動だけでボードが走り出して立て直せるようになった。

Rollersurfer Manta Rayのウィールはとてもよく回る。キャスターボードでは、回転のスムースさは上達の早道と痛感した。


キャスターボード用ラックさて、先日つくった壁面収納に、キャスターボードラックを一つ追加した。

自分用のボードを購入しようという目論見(笑)。

娘のボードを削ってしまって申し訳けないので、ローラーサーファーをもう一つ見つけることにした。


今回もうまいことラックを作れたと思ったら、棚板の長さを計り間違えていた。

ほぞを作った側が15mm長い。もう柱板に固定してしまったので、スリット側を詰めて、スリットも深く加工し直すことにする。

せっかくホールソーを使って綺麗な曲面加工ができたのだが、追加工はルーターになる。

室内での加工は叱られそうだが、15mmの出っ張りは詰めてしまいたい。

取り敢えず、修正用のラインを書いておいた。

ボードの調達が実現できたら、追加工をすることにしよう。

|

« 陣馬形山 2014秋 | トップページ | キャスターボード(2輪スケボー)の収納ラック その2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/60569784

この記事へのトラックバック一覧です: キャスターボード(2輪スケボー)に挑戦してみた:

« 陣馬形山 2014秋 | トップページ | キャスターボード(2輪スケボー)の収納ラック その2 »