« シティサイクル:GIANT VIA 2 W | トップページ | 玄関先からの「プレセペ星団 M44」 »

2013.12.29

TIOGA CL‐588‐1 トライアングルチューブ・リアキャリアとリフレクタ

TIOGA CL‐588‐1 トライアングルチューブ・リアキャリアタイオガ・トライアングルチューブ・リアキャリアは、取り付け用小物を含めても550gと軽量な上に安価で入手性も良い。

カラーもシルバーとブラックの二種類が用意されている。

三角断面のアルミ合金製チューブで構成されているため、トライアングルチューブキャリアという。

キャリアステーの長さを三段階に変えられるようになっており、26インチタイヤのフレームから700cフレームまで対応している。

写真では、700cのシティサイクルへ中段のステー長でインストールした。

ニッコーのサークル錠との相性も良く、テールから斜めに渡されているステーにうまく収まっている。

ただ残念なことに、シートチューブへ渡すステーの融通がいまいち。

フレキシブルとは言い難く、フレーム形状によってはキャリア荷台を水平に設置できない。

その場合は、別途ステーを自作するなど工夫が必要となる。

写真のシティサイクルでは、シートチューブへ渡すステーを一旦キャリアから外して、自転車のシートステーのキャリアダボへキャリアのステーのみを先に仮固定してから、ステーをキャリアと接合するという手順を踏んでいる。

それでも、ステーの長さはぎりぎりだった。

TIOGA CL‐588‐1 トライアングルチューブ・リアキャリア

タイオガ・トライアングルチューブ・リアキャリアには、写真のようにテールライトマウントも設けられている。

しかし、マウント用の穴はJIS規格ではないため、キャットアイ製の自転車用リフレクターをポン付けできない。

リフレクター側を一部加工して取り付けている。

トピーク レッドライト オーラのように、リフレクターとLEDライトが一体となった製品もあるが、今回は手持ちの赤色反射板を利用した。

このキャリアのテールライトマウントは横幅100mmで縦も20mmと大型なこともあり、リフレクターを付けるならオートバイ用のスリムリフレクターセイフティー リフレクターの方が収まりは良いのかも知れない。

なお、キャリア荷台後端のパイプの接合部は溶接が省略されているため、段差の引っ掛かりが気になるのは玉に瑕だ。

|

« シティサイクル:GIANT VIA 2 W | トップページ | 玄関先からの「プレセペ星団 M44」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/58838073

この記事へのトラックバック一覧です: TIOGA CL‐588‐1 トライアングルチューブ・リアキャリアとリフレクタ:

« シティサイクル:GIANT VIA 2 W | トップページ | 玄関先からの「プレセペ星団 M44」 »