« 福島晋一選手の引退 | トップページ | 晩秋の小渋峡谷と陣馬形山 »

2013.11.21

700c 軽快車 シュウィン ランデブー2

今宮神社のもみじ
王竜寺川の落ち葉

19日の朝に霙(みぞれ)が降っていた。
昨日の夕方も霙まじりの雨。山はうっすら雪景色。

街中の紅葉もそろそろお仕舞い。木枯らしに身が縮む。

次女Y氏の新しい自転車

20インチのジュニアMTBに乗っていた次女Y氏も、長女H氏と同じ700cタイヤサイズの自転車へ乗り換えた。

選んだのは、シュウィンのランデブー2という軽快車。

桜色に塗られたスタッガードフレームはクロモリ製。

ウッドボトムの前かごとホイールリムやブレーキレバーがパステルグリーンに塗られていて、いかにも女の子って配色は次女のお気に入り。

シュウィン ランデブー2

とても残念なことに、スタンドやライトといった、普段使用頻度の高い装備が無い。

スタンドは後付けしたけど、ライトをどうするか悩んでいる。あと、鍵もね。

できればダイナモ式を付けたいのだが、ブロックダイナモは台座が無く、後付けだとスマートじゃない。
専用カラーのリムが使われているので、ハブダイナモにするなら、ホイールをバラして組み直すことになる。

鍵は馬蹄錠(サークルロック)がいいのだろう。キャリパーブレーキを避けながら、スマートに付けられるか思案するところだ。

可愛い前カゴも、木製の底板の重さがかなりあるようで、ハンドリングに影響するほどフロントヘビーとなっている。

フレームと同じ桜色に塗られたフェンダーは鉄製。ステーも鉄にクロムメッキっぽいな。錆るよね。


Schwinn Rendezvousには、Rendezvous 1という内装変速機を採用したモデルもある。

グレーカラーのユニセックスモデルで、フレームサイズ自体はRendezvous 2と同じ。

ランデブー1は、スターメイアーチャーの5速内装ハブに合わせた専用フレームになっている。

ランデブー1の方が格好良く見えるけど、坂が多い当地だとランデブー2の方が使い勝手は良いだろう。

|

« 福島晋一選手の引退 | トップページ | 晩秋の小渋峡谷と陣馬形山 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/58613115

この記事へのトラックバック一覧です: 700c 軽快車 シュウィン ランデブー2:

« 福島晋一選手の引退 | トップページ | 晩秋の小渋峡谷と陣馬形山 »