« TV内蔵BSチューナー故障とBSアンテナ常時給電装置の追加 | トップページ | そうか、秋深し »

2013.09.07

宮崎駿監督の引退記者会見

スタジオジブリの宮崎駿監督が引退の辞を出され、今後の10年のスケジュールから長編アニメーション製作を外す旨を発表された。

長編アニメからの引退発表の反響に応え、昨日14時から記者会見があった。

90分にもおよぶ会見だったが、ニコニコ生放送やユーストリームで最後までご覧になった方は多いだろう。

日本テレビ系列でも、ワイドショーの中で前半を生中継したらしい。

観ていてもとても興味深く、そして楽しい会見だった。

ああ、宮崎監督は境地に達したことが良く理解できる。
見ていて幸せになれる記者会見って、それはそれは凄いことだ。

「引退の辞」の中でも言及しているが、宮崎監督はジブリ美術館の展示物を少しずつ補修したいと考えられているようだ。

「自分が展示物」なんて言い方もされていたので、自身が展示物を描き直す作業まで展示してしまおうと考えられているのだろう。

実現すれば、ジブリ美術館の入館予約はプラチナチケットになる。


人の幸せも十人十色だろうけど、「風立ちぬ」の主人公と同じく、文字通り仕事一筋であることを再確認した。
来る日も来る日もアニメーション製作に臨む日々。就業条件で考えれば、ブラックなんて生易しいものではない。
蟹工船もいいところだ。

監督としては、先が見えない、それでも広げた風呂敷を閉じなればならないという苦悩の連続で、つらい仕事だという。

しかし、アニメーターは世界の真理を垣間見る。自然の仕組みに気付き、だからこそ風までも描き出すことができる。
世界を抽象化するには、世界を知らなければできない。その域に達せたと思う瞬間があるらしい。それは、凄いエクスタシーだろう。

そんな大仰なことばかりでなく、良く描けたと感じて幸せになれる職業。作業の中で幾度となく幸せを感じ、かみしめることができるのがアニメーターの原動力のひとつという。

作業の中でうまくいったことに幸せを感じて、仕事の励みになる。これって、多くの日本人は共感できるのではないだろうか。

しかし、人権の名のもとに、このような幸せは過小評価される傾向にあるけれども。


記者会見の中で、スタジオジブリの会報誌「熱風」2013年7月号で宮崎監督が寄せた「憲法を変えるなどもってのほか」という記事の真意に言及された。

思想に関しては一般市民である自分の個人的考えを、「熱風」から取材されたから答えたまでという言い方だったが、そのあとに、実は今年5月に東京新聞の憲法特集における鈴木敏夫プロデューサーへのインタビュー記事で、鈴木プロデューサーが 「平和をもたらした憲法九条をもっと世界にアピールするべきだ」として憲法九条改正に否定的な見解を発表し、それに対して鈴木プロデューサーへの脅迫行為があり、暴漢への対処のひとつとして、宮崎監督も自ら憲法九条改正反対を表明し、ついでに高畑勲監督にも同様な趣旨の発表をしてもらえば、脅迫の矛先が三つに増えて陽動になる的な発言であった。

もっとも、宮崎監督のユーモアの一つだったかも知れない。
どちらかと言えば左翼思想をお持ちであるのは、周知の事実である訳だし。


宮崎監督の長編アニメーション引退記者会見の模様は、機会があれば是非ご覧になることをお薦めする。
達人の幸せをわけてもらえた気がする一時でした。

|

« TV内蔵BSチューナー故障とBSアンテナ常時給電装置の追加 | トップページ | そうか、秋深し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/58143064

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎駿監督の引退記者会見:

« TV内蔵BSチューナー故障とBSアンテナ常時給電装置の追加 | トップページ | そうか、秋深し »