« 自由雲台とアルカスイス互換L型ブラケット | トップページ | VOLVO BM A30 Heavy Duty Dump »

2013.06.08

斜塔の礎が…

ウェザーニュースは午後から雨予報。

日曜日、午後から降られたことを教訓に、今日は午前中に大平街道を往復した。

坂道自転車通勤隊のブログで幾度となく紹介された、飯田峠にある「大平街道」の道標
ピサの斜塔よろしく傾いている姿が趣深かった。

今年、大休(おおやすみ)から飯田峠までの三十三観音が整備されたのを機会に、傾いていた道標も礎が施されて真っ直ぐになっている。

傾いていた飯田峠「大平街道」道標礎が施された飯田峠「大平街道」道標

安全には代えられないけど、ちょっと寂しいかな。


今日もタイム振るわず。
体重が増えた割合分、きっちりタイムも掛っている。

天気は日射しあり、小雨ありって感じ。

ニセアカシアの花や若葉を目当てに、ニホンザルの群れが道路に集まっている。

今月は木曽見茶屋も臨時休業中なため、茶屋の周りにも猿の群れが居た。

三時間弱のサイクリング中、出遭ったサイクリストは二人組のみ。オートバイのグループは二組で、自家用車も少なかった。

結局、午後も街中では雨は無し。
明日は好天の予報だから、出遭うサイクリストも増えるだろうか。

|

« 自由雲台とアルカスイス互換L型ブラケット | トップページ | VOLVO BM A30 Heavy Duty Dump »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/57550961

この記事へのトラックバック一覧です: 斜塔の礎が…:

« 自由雲台とアルカスイス互換L型ブラケット | トップページ | VOLVO BM A30 Heavy Duty Dump »