« アンドロイド・タブレット(ICS : Android 4.0.3) | トップページ | カフェ・狐(ko)+あわいろ菓子工房 ときどき山羊印スパイスのカレー屋さん »

2012.11.05

自転車用ライトの取り付けステー破断

破断した自転車ライトの取付ステークロスバイクには、ハブダイナモで給電するタイプのLEDライトをつけている。

使っているのは、宮田製のママチャリ(シティサイクル)に広く採用されている「レーザービーム」という商標のLEDライト。
フロントフォークに溶接された鉄製の専用台座へ取り付けるようにデザインされているもの。

わが家のクロスバイクにランプ台座は無いので、フォークブリッジのフェンダー取付用のボルトを使って、汎用のライトステーを介し、「レザービーム」ライトを取り付けていた。

ライトの全長の長いことが災いしてか、写真のようにライトステーが破断した。

シルバーのものは、初代ライトステー。

黒いのは、今年の夏に交換したばかりのもの。実はライト用ではなく、OGKのフェンダー用ステーなので、完全な加重オーバーに。
パーツ箱の隅に使わずに仕舞ってあったもの。丈夫そうに見えたのでライトステーの代わりにしたが、思った以上に弱かった。

ホームセンター部品で構成したライトステー
ライトステーを購入しようと思っても、近所にはそんな部品を在庫している自転車店がなく、どうしても取り寄せになってしまう。
大した部品でもないが、問屋からの送料を含めると意外に高いパーツだ。それでいて、また破断するとも限らない。

そこで、ホームセンターへ行って適当な部品を探してきた。

見つけたのは、ステンレス製の段違いプレートと、スチールに黒塗装が施されたL字金具。
L字金具にはM6の馬鹿穴に、M5のタップまで切られていた。

段違いプレートは、L字金具との接合部やフォークブリッジに付けた際に、ちょうど段付きの部分が接合箇所のエッジに当たる。
そのおかげで、プレートが傾いたり、L字金具が回らずに位置は定まる。

「レーザービーム」ライトの取り付け台座は左にオフセットしているので、L字プレートを左へオフセットさせて、ライトは中心付近に来るように取り付けることができた。

今までは1つの部品だったものが2つの部品の組み合わせになったわけだが、存外シンプルに見える。

従来と違って、走行時のライトの振動も少ない。

ステー自体の板厚も大きくなっているし、今度はそうそう破断しないものと思う。

ミヤタ・ウルトラレーザービーム3αミヤタ・ウルトラレーザービーム3α


|

« アンドロイド・タブレット(ICS : Android 4.0.3) | トップページ | カフェ・狐(ko)+あわいろ菓子工房 ときどき山羊印スパイスのカレー屋さん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/56047398

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車用ライトの取り付けステー破断:

« アンドロイド・タブレット(ICS : Android 4.0.3) | トップページ | カフェ・狐(ko)+あわいろ菓子工房 ときどき山羊印スパイスのカレー屋さん »