« カフェ・狐(ko)+あわいろ菓子工房 ときどき山羊印スパイスのカレー屋さん | トップページ | 母親似 »

2012.11.07

Hi-uni(ハイユニ)

Hi-uni(ハイユニ)

長男が、「(担任の)先生から誕生日には早いけどプレゼントをもらった」と、ランドセルを投げだしながら、うれしそうに三本の海老茶の鉛筆を差し出した。

10Bのハイユニ。

書き取り用にと、彼の先生が生徒にプレゼントしてくださったようだ。

入学時にも一本くださって、ちびても鉛筆ホルダーで使っている。

次女もお世話になった先生で、学校で作った図画なども、作品ケースを用意して各々の生徒毎まとめ、年度末に子供たちに託してくださった。


ハイユニは、言わずと知れた高級鉛筆。長男が使うのは、すこしもったいない気もする。

この鉛筆を見ると、いろいろなエピソードを思い出す。

小さい頃、とても欲しかったユニボール。そして、新井素子さんのエッセイとか。

ハイユニは、文章書きのプロしか使っちゃいけない、そんな憧れの鉛筆。とエッセイにあった。

その滑らかで極上な書き味に吃驚する幼い頃の素子さんへ、彼女のお母様がそう諭した特別な鉛筆という一節。

ドリフの首チョンパも思い出すのだけど、それは三菱鉛筆ハイユニのライバル、トンボ鉛筆のMONOの景品。

ユニボール消しゴムが、ハイユニの景品でした。ボウリングの球をモチーフにした、直径5センチほどの丸い消しゴム。
指を入れる穴にあたるところには、ハイユニを挿すことができます。意味は無いけど。
水色と黄色に赤があったような。ハイユニを使える身分じゃなかったので、ユニボールを持っている子がうらやましかったな。

長男くん、しっかり良い字を書きましょうね。

|

« カフェ・狐(ko)+あわいろ菓子工房 ときどき山羊印スパイスのカレー屋さん | トップページ | 母親似 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/56062518

この記事へのトラックバック一覧です: Hi-uni(ハイユニ):

« カフェ・狐(ko)+あわいろ菓子工房 ときどき山羊印スパイスのカレー屋さん | トップページ | 母親似 »