« EMOBILE Pocket WiFi GP01 アウトレットプリペイドモデル再販中 | トップページ | アンドロイドタブレットによるFLAC形式音楽ファイルのギャップレス再生 »

2012.10.28

Ployer MOMO9 加強版 バッテリー性能など

中華パッド、Ployer MOMO9 加強版2台を、家族で供用している。

そろそろ購入から4か月になる。


先に購入した1台目は、スピーカーの調子が悪い。
ヘッドフォン端子にジャックを差し込んでも、スピーカーから音が出続けるようになってしまっている。

また、Ployer公式のICS 4.0.4へアップデートして使っていたところ、ある日システム再起動をしたら、起動アニメーションから先に進まなくなった。

LiveSuit.exeでシステムROMを再インストールしようとすると、システムイメージの転送途中でエラーが出て停止した。
その後は、PCへ接続しようとしても、USB機器エラーになって繋がらない。
音量ボタンを押しながら電源ボタンを幾度となくクリックしつつUSBケーブルをつなぐのだが、その都度PCからUSBエラーが告げられる。

HDMIとUSB端子の間にあるリセットスイッチに気づいて、ゼムクリップを伸ばしたものでシステムリセットをかけたところ、やっとLiveSuit.exeで復帰させることができた。

その後もカスタムROMなど試したが、結局、元々インストールされていたPloyer公式のICS 4.0.3に落ち着いた。
プリインストールも含めて、使わないアプリをすべてアンインストール。さらにAdawayというアプリを入れたら、システム全体がきびきびと動作するようになった。

Allwinner A10の動画再生支援のおかげで動画再生はとても調子が良いのに、タブレットとしては動作がもっさりしているのはシングルコアのCPUだからとあきらめていたが、広告配信のトラフィックがシステムにかなり負荷をかけていたのかも知れません。


二代目のMOMO9は、納品時のICS 4.0.3のままで、日本語フォントを入れてbuild.propを書き換えただけで、4か月ノントラブル。すこぶる調子が良い。

こちらもAdawayをインストール後、システム全体がきびきび動くようになっている。
以前はストレスを感じたネットサーフィンも、今ではPC代わりに使えるようになった。


Momo9さて、前述のように、MOMO9加強版は、4K動画再生支援機能搭載のAllwinner A10シングルコアCPUを搭載し、512MBのメインメモリに8GBのSSDという構成。
7インチ液晶ディスプレイの解像度は800x480で、5点マルチタッチ静電式パネルとなっている。

左の写真は、リアカバーを開けてみたところ。

メインチップは、名刺大のマザーボードに集約されている。
8GBのメインストレージとして、4GBのフラッシュメモリが2個載っている。8GBのものが1個載って、もう1方のパターンがブランクのロットもあるようだ。

なお、3GBほどシステム領域として確保されるため、ユーザー領域は5GB程度となる。


個体差といえば、MOMO9加強版のタッチパネルコントローラーはssd253xのものとft5xのものがあり、写真の個体にはssd253xが載っていた。そのため、カスタムROMのQware Pro3 7(ベースバンド1.2)が使えなかった。

電池の下側に見えるS字パターンのシートプリント基板が、感度の悪いと評判なWiFiアンテナ。

内蔵電池は1400mAhのリチウムポリマー蓄電池3枚で、トータル4200mAhとなっている。


Amazonのレビューでは、バッテリー持続時間が短いとのコメントもあるが、品質のばらつきが大きいのかも知れない。

上記2台のバッテリー性能は、使用期間4か月でも概ね次のような状況だ。

  • WiFi接続を維持した状態でのバッテリー放電:5%/4h

  • WiFi接続でのハイビジョン動画再生(内蔵スピーカー、バックライト輝度最小):55%/4h


今日は雨だったこともあって、一日自宅で所要を片づけていた。

MOMO9をHDMIでテレビにつなぎ、ホームサーバー上の音楽ファイルをWINAMP PROで再生してずっと聴いていた。

MOMO9がバッテリー切れでシャットダウンするまでの所要時間は、8時間36分58秒。

音楽ファイルはFLAC。無線LAN経由の再生で、ディスプレイも点いたままだった。

内蔵バッテリーで8時間半の連続使用ができれば、家庭用のタブレットとしてはまずまずだろう。

普段でも、使用中に充電が必要になったことは無い。


なお、2台ともに、WiFiが不安定な傾向にある。
ネット上の口コミでも、受信感度が低いとの指摘は多い。

自宅の場合、アクセスポイントは5メートルほど離れた別室にある2003年製のIEEE802.11g対応無線LAN API。
受信強度は-65dBmほど。たまに見失う。

また、勝手にリブートすることがある。不思議と、使用中にリブートしたことが無いので不便を感じたことはない。
内蔵WiFiを停止させている時にリブートしたことはないので、WiFi絡みの不具合と思っている。

|

« EMOBILE Pocket WiFi GP01 アウトレットプリペイドモデル再販中 | トップページ | アンドロイドタブレットによるFLAC形式音楽ファイルのギャップレス再生 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/55991322

この記事へのトラックバック一覧です: Ployer MOMO9 加強版 バッテリー性能など:

« EMOBILE Pocket WiFi GP01 アウトレットプリペイドモデル再販中 | トップページ | アンドロイドタブレットによるFLAC形式音楽ファイルのギャップレス再生 »