« Tubus Fly | トップページ | リニア中間駅は飯田市街南郊外が良いな »

2011.03.03

落車とカットパンク

向かい風がきついし、日和ってロードバイクじゃなく3段変速の固定ギヤで走っている。

はじめての場所をいくつかまわって、普段走っているコースへ戻ったところで油断したのかも知れない。

1kmほど続く6%程度の上り坂をトップギヤのままダンシングで走っていたら、左足がペダルから外れた。
踵がクランクに当たって、緩めのクリートが外れてしまったようだ。

下ハンドル握って、前のめりな姿勢でのダンシングだったからだろう。そのまま翻筋斗打って落車した。

ハンドルを握ったまま、ぐるりと前転したようだ。幸い厳冬期用の分厚いグローブをはめていたのと、前回り受け身な感じだったことで、グローブが少し擦れた他は怪我もなく、ウェアの損傷もなかった。

前後に車がいなかったのも幸いした。

道路脇に寄って、自分をチェックし、そして自転車の状態も確認する。

左のブレーキレバーがずれていた。なぜか前ブレーキキャリパーの固定ネジも弛んでいる。これは、元々だったかも知れない。
フレームやホイール、タイヤなど、その他の異常は見あたらなかった。

ブレーキレバーを直す工具は持っていないので、使えるように力業で修正。
ブレーキキャリパーは携帯工具で固定し直した。


気を取り直して走り出したが、今度は下りでリアタイヤがバーストした。

横断側溝のグレーチングの繋ぎ目に段差があったらしい。その角に後輪の左端が当たったようで、タイヤがサイドカットして、リムにも米粒大の凹みができていた。

出先で内装ギヤのホイールのタイヤパンク修理をするのは初めてだな。

スターメーアーチャーの内装ギヤ用の変速ケーブルは、ネジ込み式のロッドへ繋がっている。そのネジを外すことで、簡単に変速ワイヤーが外せる。

後輪は15mmのアクセルナット留めなので、ボトル台座に蝶ネジで携行しているオリジナルツールを使ってホイールを取り外した。

あとはクイックリリース式のロードバイク用ホイールセットのパンク修理と変わらない。

今回はサイドカットしているため、古タイヤから切り出したタイヤブート(タイヤパッチ)を内側から当てて、予備チューブを入れて空気を充填した。

20cと細いタイヤだが、パッチを入れてもそれなりに余裕があって良かった。

エアスティックSLを実際に使うのも初めてだ。
期待通り短時間でそれなりの圧の空気を充填できた。


夜、ブレーキレバーやキャリパーの取り付けをし直し、パンクしたチューブにパッチを貼って後輪へ戻した。
チューブはカットパンクではなく、リム打ちによるものだった。切れたタイヤも、表層がカットされているだけ。
一応タイヤパッチはそのまま残し、様子を見ることにした。

リム打ちで出来たホイールのブレーキ当たり面への出っ張りをモンキーレンチで挟んで修正し、リムの内側や凹み周囲に出来たバリは精密ヤスリで取った。そして表面処理代わりに、クリアのタッチペンを塗った。

自転車フレームに凹みや歪みは見られなかった。しかし、ブレーキレバーやキャリアに傷が見られたので、クリアとブラックのタッチペイントで腐食止めを施した。

フロントホイールが振れているようだ。使用上問題はなさそうだが、シマノ用のニップルレンチを手配しよう。

|

« Tubus Fly | トップページ | リニア中間駅は飯田市街南郊外が良いな »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/51025698

この記事へのトラックバック一覧です: 落車とカットパンク:

« Tubus Fly | トップページ | リニア中間駅は飯田市街南郊外が良いな »