« MONGOOSE SABROSA OCHO modoki | トップページ | あしたのジョーの番宣に発奮して走りへ行った »

2011.02.09

MONGOOSE SABROSA OCHO modoki その2

キックスタンドがまだ付いていないが、サブロサ・オチョ・モドキは一応完成。


リヤフェンダー(後輪泥除け)を取り付けるためチェーンステーブリッヂに付けた真鍮製高ナットを、25mmから5mm短い20mmのものへ変更した。

また、シートステーブリッヂに固定するための吊り下げ小物にステンレスプレートを当てて延ばし、フェンダーがタイヤへ寄るように改造した。

これら部品の見直しにより、フェンダーは無理に曲げられることなく、フロントと同様にチリ合わせが完了した。


リヤキャリア(荷台)も取り付けを見直した。

シートステーのダボへ固定しているキャリアステーの曲がりを浅くして、ステー全体の長さを延伸。
工具が十分でなく、写真の状態までが精一杯だった。

また、キャリアステーの上下位置も反転させた。

エンドのダボへ固定する部分をカットして、新たに固定用の穴を開けて荷台を下げたかったのだが、補強用のアルミプレートがどこまで入っているのか見えないため、そこまでするのは取り止めた。

それでも荷台は水平にならなかったが、昨日の取り付け状態に比べれば、落ち着いて見える。


尚、50サイズのサービスエースは水平換算でトップ長560mmだったが、サブロサのフレームは598.2mm。
約39mm伸びた分を、130mmステムから85mmのものへ交換することで相殺した。新しいステムはクランプ径も25.4mmで、ハンドルバーシムも取り外している。

|

« MONGOOSE SABROSA OCHO modoki | トップページ | あしたのジョーの番宣に発奮して走りへ行った »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/50822053

この記事へのトラックバック一覧です: MONGOOSE SABROSA OCHO modoki その2:

« MONGOOSE SABROSA OCHO modoki | トップページ | あしたのジョーの番宣に発奮して走りへ行った »