« Pioneer DVR-118LBK | トップページ | SONY NV-U35 その4 »

2011.01.14

トレッキングバイクのハンドルステム交換

ウィンブルドン(Wimbledon Bicycles)ServiceAceのステムを交換した。

この自転車には長さ110mm(芯-芯)のライズ角可変ステムが付いているが、ハンドルをもっと遠くしたかったため、手元にあった130mmのステムへ換えた。


手持ちのステムのハンドルバークランプ径は31.8mmに対し、使用しているハンドルバーのクランプ部は25.4mm径。そのため、ハンドルバーシムを利用している。

まだハンドルは近い。しかし、娘が乗るには十分だろう。

ステムのスペーサーを全部取り払ってハンドルを一杯まで下げ、コラムも切ってすっきりさせてしまいたいが、取り敢えずこのまま使用することにした。

|

« Pioneer DVR-118LBK | トップページ | SONY NV-U35 その4 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/50582716

この記事へのトラックバック一覧です: トレッキングバイクのハンドルステム交換:

« Pioneer DVR-118LBK | トップページ | SONY NV-U35 その4 »