« ホワイトクリスマス | トップページ | 2010年の大晦日 »

2010.12.28

アデノウィルス感染症

昨日の午前中からお腹がゆるいと言っていた長男S氏は、風呂へ入った午後から微熱。それでも、元気だった。

夕方から眠ったまま夕飯に起きられず、それでも何も食べないのは体に悪いと起こして食べさせたのだけど、焼き鳥のレバーをちょっととゼリーが食べられただけだった。

熱は37度ほど。夕食後はそのまま今朝までぐっすりと眠っていた。

冬休みと言うこともあって、朝は起こさなかった。遅い朝食はあまり食べられず。
熱はふたたび微熱。午後になって、喉の痛みと吐き気も訴えるようになったので、みーちゃん氏が病院へ連れて行った。

診断結果は「アデノウィルス感染症による扁桃炎」。アデノウィルスは「プール熱」で知られるウィルスだ。
種類によっていくつかの代表的な症状があるそうで、致命的なことにもなりかねない肺炎を引き起こす型や出血性膀胱炎を引き起こすもの、胃腸炎になるもの、プール熱と呼ばれるものなどに分類されるらしい。

いわゆる風邪とされるものの一つで、基本的には自然治癒で対処するのだそうだ。症状を緩和するための処方はされる。

長男S氏の場合、脱水症状がひどく血流が阻害されるため、栄養も含めて点滴を打つことになった。
幼児と言うこともあってなかなか針がおさまらず、はじめは痛みに我慢していた彼も、二度目の注射に泣いてしまった。

250mlの点滴に一時間。途中で眠ってしまったらしい。
点滴後、まだ水分が足りないと言うことで、もう250mlを追加して点滴された。

処置中、同じ症状で通院してきた女子中学生は緊急入院となった。長男S氏の脱水症状は、入院するほどひどくなかったそうで、不幸中の幸いだったかな。

彼は処置室で吐いたそうだ。
しかしながら、病院へ連れて行くまでは、あわや入院というほどに酷い状態とはとても思えなかった。
病院へ連れて行って良かった。まだ具合は悪そうだが、お姉ちゃんたちと楽しそうにテレビを見ている。

|

« ホワイトクリスマス | トップページ | 2010年の大晦日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/50424892

この記事へのトラックバック一覧です: アデノウィルス感染症:

« ホワイトクリスマス | トップページ | 2010年の大晦日 »