« さようなら「英会話のジオス」 | トップページ | 氷雨避け死処を探す狸かな »

2010.11.10

晩秋の大平街道

朝、長男S氏を送って行く途中、西の山々に懸かった雲を眺めると、その下の稜線が白く輝いていた。
1500mあたりだろうか。うっすらと木々が雪をかぶっていた。

午後、日没までの僅かな時間に大平へ上ろうとしたが、西北西の冷たい風に小雨が混じっている。
ロードは止めて、ディスクブレーキを付けたシクロクロスにロードタイヤをセットしたホイールを履かせて走り出した。

夏物の重ね着にウィンドストッパーなベストじゃ寒かった。
日曜日のレースの時もギヤ飛びしていたのだが、今日もダンシングするとギヤが飛ぶ。チェーンが長過ぎて、リヤディレーラーが適正なテンションをかけられていないようだ。

ラップを計っていたが、脚を止め、飯田峠まで上るのも止めた。
道草を食ったこともあって、松川ダムまで下りてきた紅葉を楽しんでから帰ることにした。

|

« さようなら「英会話のジオス」 | トップページ | 氷雨避け死処を探す狸かな »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/49989118

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の大平街道:

« さようなら「英会話のジオス」 | トップページ | 氷雨避け死処を探す狸かな »