« しらびそ高原ヒルクライム 2010年2本目 | トップページ | 英会話のジオス、事実上の消滅 »

2010.10.12

ガラス片が刺さって緩パンク

大平峠まで走ってきた。

猿庫マレットゴルフ場前の「大平街道」碑を起点に、国土交通省の飯田峠標識までの11.89km、標高差573mでタイム計測を行っている。

今までのベストタイムは37分6秒で、今年のベストタイムは37分7秒。SCOTT CR1を使うようになってからは、コンスタントに40分未満で登っている。

さて、今日はベストタイムが更新可能なペースで上っていた。しかも、残り2kmあたりから追い込める余力もあった。
にもかかわらず、ラスト1kmのところでフロントタイヤが縒れて落車しそうになった。
タイヤを見ると緩パンク状態。シッティングでならゴールまで持ちそうだったので、構わず走り続けた。

シッティングでは追い込めなかった。目に見える失速。結局、タイムは38分49秒だった。
とは言え、残り1kmなのに3分以上失ったかというと、どうかな? 元々ベストラップが出るほどのペースでは無かったかも知れない。

タイムにがっかりしながら、フロントホイールを外してパンク修理する。
現地でのパンク修理は新しいチューブへ交換をするのだが、タイヤにパンク原因が残っていては再びパンクさせてしまうので、タイヤの裏面を指で撫でて異物の有無を調べながらタイヤ表面も目視する。
すると、タイヤ表面に2mmほどのガラス片が刺さっていた。そして、そこに対応するチューブの場所には、小さな穴が確認できた。

ガラス片を取り除き、サドルバッグから取り出したスペアチューブに交換して修理は完了。
大平峠まで更に進み、折り返して帰宅する。

帰って、パンクしたチューブにパッチを当てた。すると、実はチューブには3箇所のピンホールが空いていた。

チューブは百均のパッチとゴム糊で修理している。普段は7bar(約100psi)で使っているが、幾つもパッチが貼ってあっても異常が出ることはない。

今日の修理前にも、前輪のチューブには2箇所のパッチがあった。そして3つパッチが増えてしまった。
後輪のチューブに至っては、10箇所近くパッチが貼られている。

パッチが多いのは、リム打ちパンクがあったためだが、ロードバイク用の高圧タイヤに使うチューブでも意外にパッチ修理で再生してしまう。

修理は大した手間では無い。穴の周りをパッチより少し大きめに紙ヤスリでチューブ表面を粗し、ゴム糊を塗布して1分ほど乾かす。そこにパッチを貼りプラハンマーで叩いて、確実に粘着させる。あとはパッチ裏面のビニールを取り除けば完了だ。
ビニールを取り除くのが最も手間が掛かる。中央から外側へと剥がして行かないと、パッチの端が捲れてしまうからだ。
ハンマーで叩いたときに、ビニールの中央に亀裂ができるようにしている。そこからピンセットでビニールを剥ぎ取っている。

それにしても、なんとも貧乏自慢なエントリーとなってしまった(苦笑)。

|

« しらびそ高原ヒルクライム 2010年2本目 | トップページ | 英会話のジオス、事実上の消滅 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/49726488

この記事へのトラックバック一覧です: ガラス片が刺さって緩パンク:

« しらびそ高原ヒルクライム 2010年2本目 | トップページ | 英会話のジオス、事実上の消滅 »