« WAONのチャージ限度額引き上げ | トップページ | 小径自転車ラブ注入!? »

2010.10.22

Bikemap.net

ロードバイクで走った記録は、ガーミン製のフィットネス用GPSレシーバーForerunner 305により、ルートに対応した速度、ケイデンス、心拍数、高度それぞれの変化値がデータログで残される。

帰宅してシャワーを浴びる前に体重と体脂肪率を確認し、空いた時間でPCにインストールされたSportTracksというデータ管理&解析ツールへForerunner 305のログを転送すると共に、その日の体重などのデータも記録して、最寄りの気象台からの風速や気温、そして予め記録している使用機材の特徴から、擬似的な出力データが算出されるようになっている。

だからといって、SportTraksのデータをトレーニングへ活かせている訳ではないので、宝の持ち腐れと言われてしまうかも知れない。

トレーニングログの新しい活用方法を見つけた。
Bikemap.netへアップロードして、サイクリングコースとして紹介することだ。

YoutubeやPanoramioなど、Googleが提供するクラウドサービスともリンクしている。
利用者が多くなれば、とてもすばらしいサイクリングデータベースが構築されることだろう。


自転車ルート 735038 - powered by Bikemap 

普段のトレーニングコースをBikemap.netへアップロードしてみた。Windows95上のFirefoxから利用できるのが良い(笑)。
しかし、YoutubeはWin95環境で見られなくなってしまっている。

Bikemap.netでGPSログを利用したクラウドサービスがなかなか良いことを知ったので、GARMIN Connectも使いたくなった。ユーザー登録だけは、ずいぶん前に行っている。

そこで、メインPCでもWindows XPを使えるようにした。

中古再生PC用にマイクロソフトがリリースしているWindows XP SP3がバンドルされたSSDを購入した。
そのSSDへXPをインストールし、3.5inchベイ用のHDD切替え器を利用してSCSI RAIDへインストールしているWindows 95と切り替えて使えるようにした。

なにぶん、普段使いの95は15年分のカスタマイズにより、とても特殊なものとなっている。
同じ環境を別のOS上へ構築するなんてことは考えたくもない。

XPにするとしても、ドライバーが提供されていない旧い機器もつながっている。一大決心(苦笑)して必要なパーツを集めたが、メインPCのサイドパネルを開けるとうんざりしてしまった。

ミニタワースタイルの筐体内は、SCSIのHDDが5台も詰め込まれているのだ。なんという旧態依然。

それが、ロープロファイルの2.5inchサイズなSSDで置き換えできるのだから、シリコンメモリーの大容量化と低廉化、そしてハイスピード化はすばらしい。

いろいろと壁もあったが、究極の睡眠不足を味わいながらも、XPとWin95のハードウェアによるデュアルブート環境が完成した。

XP用の環境もほとんど完成し、95では対応しないクラウドコンピューティングサービスを利用できるようになった。

|

« WAONのチャージ限度額引き上げ | トップページ | 小径自転車ラブ注入!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/49799545

この記事へのトラックバック一覧です: Bikemap.net:

« WAONのチャージ限度額引き上げ | トップページ | 小径自転車ラブ注入!? »