« 極楽峠と足神様 | トップページ | 秋に転がる »

2010.09.14

残暑の終わり秋の風

先週末は京都の自転車愛好家の方がわざわざ訪ねて来てくださったりして、興味深いお話しをたくさん教えていただいて楽しかった。ありがとうございました。
土曜日に大平街道と清内路峠を走られたそうだが、とくに午前中は秋を感じさせる深い青空が広がっていてとても気持ち良かったことだろう。
長男の幼稚園の運動会だったので、ご一緒できなかったのが残念だった。

運動会はタープ(テント)を沢山設置してくださったお陰で、秋の風が心地よかった。
しかし、陽光の下は厳しい残暑を実感する。それでも、子供たちは平然と楽しんでいたのが幸いだ。
長男氏は、なかなかかけっこが速いらしい。あれで身長もお姉ちゃんたちに倣えば、そこそこなアスリートになるかも知れない。
午後からは気温が上がって、結局、最高気温は33度となって、夜でもエアコンが必要だった。


さて、昨日の午前中に降った雨がやっと秋を連れてきたようだ。
連日の暑さが嘘のように、すっかり秋らしい空気に包まれた。

窓を開けていたら、今朝は寒いくらいだった。週間天気予報にも、30度を超える最高気温の表示が無くなった。
このまま秋は深まって行くだろう。

そんな訳で、12日の日曜日が今夏最後の日だったらしい。その日、坂隊有志で地区の駅伝大会へ参加してきた。

写真は、履き物がクロックスだったにもかかわらず4人を牛蒡抜きした隊長さんの勇姿。

大会自体は全長12.3kmを8人で襷リレーするもので、坂隊の様なオープン参加も含め38チームが出走した。
すでに開催25回目と、なかなか歴史ある大会にふさわしい賑々しいものだった。

自分は5区1.6kmを担当した。中距離とはいえ、タイムをにらんで走るのは20年以上振り(笑)。
みやさんの奥さんから託された襷をピエールさんまで必死に届けたが、途中の上り坂で随分と失速してしまった。
5分台を目標としていたが無理!ペースの確認をする余裕も無し。6分20秒、平均時速15.0km/hという結果だった。
はじめの平坦で抜いた中学生に、上りであっさり抜き返されたのが心残り。登りきってからペースを上げようとしたのだが、思い通りに脚が動かなかった。
アンカーのみやさんが彼らを抜き返してくれたのが幸い。

どの程度まで心拍が上がるだろうかとForerunner305を付けていたところ、最高心拍は207bpmだった。
苦しいわけだ・・・。辛かった。

上図はMyTourBookで編集したレース記録。横軸は距離で、上から標高、心拍、時速、ペースの各変化を示している。

坂隊ランの結果は38チーム中14位で、タイムは53分20秒との事。
今回走ったメンバーはキタさん、まつきちさん、隊長、みや奥さん、蝉、ピエールさん、サッピーさん、みやさんで、ランの経験者はトライアスリートのみやさんご夫妻のみ。それで平均速度13.8km/hはなかなか良い結果だった模様。


閉会式終了後、慰労会を兼ねたバーベキューを隊長さんとみやさんご夫婦、キタさん、ピエールさんが用意してくださった。

河原で焼き肉ってのは、久しぶりだ。

劇の練習や日曜学校へ行っている子供たちを尻目に、こんなに遊んでて罰が当たりそうだ(笑)。

川に入って軽く汗を流して、焼き肉食べてお腹がふくれたら、シングルトラックを走りへ行ってお腹空かせてまた食べるとか・・・。

久しぶりに気楽なキャンプ気分を味わって、良い一日だったな。

お誘いくださった隊長さんはじめ、参加されたみなさん、どうもありがとうございました。

|

« 極楽峠と足神様 | トップページ | 秋に転がる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/49442864

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑の終わり秋の風:

« 極楽峠と足神様 | トップページ | 秋に転がる »