« アカウミガメの放流会 | トップページ | 残暑厳しく »

2010.09.04

アオダイショウ

住宅地の軒下などで暮らすようになったらしいアオダイショウ。

同じ個体かどうかは知らないが、去年あたりから何度か見かけるようになった。

映像の蛇は、体長1m65cmとかなりの大物だ。5月6日に撮影した。

意外にも、室内に入り込んだとは、この辺りで聞いたことがない。

このアオダイショウのお陰かは知らないが、ネズミを見かけなくなった。
以前は、屋根伝いに家々を渡るイエネズミらしい姿を夕方に見かけたものだ。
ゴミ袋をかじられたりして困っていた。しかし、最近はネズミの痕跡を見なくなった。

蛇蝎と一括りにされてきたように、ヘビを嫌う人は多い。毒を持つ種類の多いことも原因だろう。
アオダイショウに毒は無いが、攻撃を受ければ咬むし、総排出口から強い臭いの防御臭を出す。
しかし、何もしなければ人に危害を与えることもなければ、近づいてくることさえない。毒蛇とは違う。

写真は大平街道で出遭ったマムシ。

怖くて遠くから写したので、その禍々しさをあまり感じない画像だが、実物は「近づくな!」って強いオーラを感じさせるどくどくしい雰囲気を醸し出していた。

写真ではよくわからないが、マムシは上から見ると頭部が三角で、全体にずんぐりとしている。
刺激を与えなければ攻撃されることはないと聞くが、非常に強い毒を持っているので近づかないに越したことはない。

|

« アカウミガメの放流会 | トップページ | 残暑厳しく »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/49344883

この記事へのトラックバック一覧です: アオダイショウ:

« アカウミガメの放流会 | トップページ | 残暑厳しく »