« GUNDAM Cafe | トップページ | 自転車人 2010夏号 No.020 »

2010.07.05

ペイ・フォワード

ここ暫くブログの更新をお休みしていたが、同時に自転車もまともに乗っていなかった。
50日近く、心拍計どころかForerunner 305を使うことも無かったのは、ロードバイクに乗りだして初めてのことだ。

さて、先週後半から意を決して走り出したものの、金曜日、大平からの帰路に落車してしまった。
その日は西南西から雨雲が迫っていたことに気付いていた。しかし、大平では降らない低い雲だったから、予定通り登ることにした。
飯田峠までは、調子の良い時に比べて1割も遅いタイムだった。しかも、かなり脚にきた。
国道256号線まで下って登り返す予定を取り止め、お休み処大平さんで休息して、引き返すことにした。
庭先の杉の木にモリアオガエルが卵を産み付けたそうだ。
下には池など無く、代わりに水を張った桶をいくつか桜井さんが用意していた。
帰路も山道を抜けるまでは道が乾いていた。しかし、町を望む辺りから路面はしっかり濡れている。通り雨はまだ少し空から落ちていた。

町中で右折した時のこと、濡れた路面でリアが滑った。立て直した途端、なんとハイサイドで左側へ吹っ飛んだ。
右へ転けなかった分、自転車メカは無傷だったが、身体は路面に叩きつけられた格好となって、左半身打撲に脳しんとうで立ち上がるのも一苦労な有り様。
長くさぼっていたツケを、こんなに早く払う羽目になるとは思わなかった。

ヘルメットのお陰で脳しんとう程度で済んだ。しかし、ちょっとむち打ちの様な状態で、いまだに首が痛い。
グローブのお陰で手に怪我はなかったが、左肘と左腰、そして左膝は打撲と裂傷。それほど酷いものでは無く、傷口は乾いたし、打撲の痛みも収まりつつあるのは幸いだ。


ツール・ド・フランスが開幕して、いよいよ気分が盛り上がる。
先週は宮澤崇史選手が念願の全日本ロードチャンピオンを獲ったし、福島晋一選手もTTチャンピオンに輝いた。

Jsportsのツール・ド・フランス第1ステージの放送では、宮澤選手がゲストとして参加していた。
ジューンブライドだったのか、新しい結婚指輪が気になるご様子。Wおめでただったのね。


タイトルの「ペイ・フォワード」は、他人に温かく接していれば、幸せの連鎖が世界を幸福にするというお話しだけど、そんな運動が盛り上がらないものかと切望する今日この頃だったりする。

|

« GUNDAM Cafe | トップページ | 自転車人 2010夏号 No.020 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/48797249

この記事へのトラックバック一覧です: ペイ・フォワード:

« GUNDAM Cafe | トップページ | 自転車人 2010夏号 No.020 »