« しらびそ方面の土砂災害被害 | トップページ | 銷夏サイクリング »

2010.07.19

暑熱のセンチュリーラン

坂隊のキタさんのお誘いを受け、みやさんと三人で諏訪大社下社春宮、蓼の海、諏訪大社上社本宮、杖突峠へ行ってきた。

朝の間は空気も涼しく快適だったが、照りつける夏の日射しは容赦なく素肌を刺す。

海の日にちなみ、蓼の海を目指した。諏訪大社下社春宮の裏手から霊園を抜けて、林道へと上っていった。
10%を超える坂が1kmほど続く。運動不足の身にはとても応えるが、林道へ入ってしまえば日陰も多くなって一息つける。

いずみ湖公園で大休憩。ジュース片手に四阿でまったり。
標高が1260mもあるので、渡る風が心地よい。この後、下って諏訪湖湖畔の暑気にはうんざりした。

蓼の海は渇水中で、湖底に泥の池があるだけだった。

杖突峠を息も絶え絶えに上る。茅野からのアプローチは、昼を過ぎれば比較的日陰が出来るのが幸い。

高遠まで、キタさんがかっ飛んで行った。とてもついて行けず。高遠城趾近くの上り坂では大失速(苦笑)。

火山峠越えは無理ということで、天竜川沿いに南下して帰路に着いた。


日光に曝されていた肌は真っ赤っか。シャワーがこれほどありがたいと思ったのは久しぶりかも。

総走行距離は183.8km、平均速度24.6km/h。休息時間が3時間程度あるから、まぁまったりサイクリングだったかな。

お誘いくださったキタさん、お付き合いいただいたみやさん、どうもありがとうございました。

|

« しらびそ方面の土砂災害被害 | トップページ | 銷夏サイクリング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/48922498

この記事へのトラックバック一覧です: 暑熱のセンチュリーラン:

« しらびそ方面の土砂災害被害 | トップページ | 銷夏サイクリング »