« ツィート | トップページ | 白い息を弾ませて »

2010.03.21

バイバイ・セラ

1987年の東京モーターショーでAXV-IIを見て、購入を決めていた。

量産発表と同時に予約して、今まで20年間所有してきた。

当時、ユーノス・ロードスターとどちらにするか迷いはした。
しかし、ATで乗るならより快適な全天候型キャノピーのセラにした。

友人は、M1001を購入した。彼はいまだにM1001を手元に置いている。

クルマは好きだ。しかし、運転するのはどうも好きではないらしい。
セラを20年も持っていたのに、距離は大して乗っていない。ここ数年は、ほとんど不動車の佇まい。

そして、ついに廃棄することにした。

ボディに錆も出ていないし、数年前ダンパー類を新品へ換えていることもあって、この車種特有のドア落ちも無く、ガルウィングドア、そしてリアハッチもスムースに開閉する。

年式の割には走行距離も少ないし、手放すのは惜しいけど、今後も乗ることは無いだろうから。


セラは初めて購入したクルマだけあって思い入れもあり、今まで手元に残してきた。

いろいろな所へ行ったし、助手席の顔ぶれも懐かしい。


それにしても、流麗なフォルムのクルマだ。

グラッシーキャビンを実現するためのガルウィングドア。
デザイナーこだわりのサイドラインを実現するために、このクルマで初めて、ハイドロフォーミング・プレスが採用されている。

真冬の北海道、高温多湿の日本の夏でも快適に使えるように、環境試験も充分に行われてから市場へ出されていた。

今のトヨタとは違うのかも知れない、世界一クオリティーコントロールに情熱を傾けていたころに産み出された自動車だ。

エクステリアだけでなく、インテリアもシンプルでモダン。今でも古臭さを感じない。

トヨタは2000GTだけがもてはやされているが、エクステリアとインテリアデザインにおいては、セラこそトヨタの最高傑作だと思っている。

|

« ツィート | トップページ | 白い息を弾ませて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/47867090

この記事へのトラックバック一覧です: バイバイ・セラ:

« ツィート | トップページ | 白い息を弾ませて »