« 酷い痛み | トップページ | 春の迎え火 »

2010.03.11

左ふくらはぎ痛は癒えた

水曜日は坂隊のうんげーさんの送別会に出席。
ボンシャンス選手激励会の流れで、若手選手も3名ほど特別参加。

3月は別れあり、4月にはまた新しい出会いありと、別離邂逅の春だ。

坂隊で繋がっているから、また会う機会は多い。前々から渡しそびれていた写真を贈れてよかった。


左のふくらはぎの痛みに辟易して、湿布を貼り暫く安静にしていた。
若干痺れる程度で、痛みはなくなったので、登り坂で過負荷にならないよう、久しぶりにフロントトリプルのアラン・チタニオで走ってきた。

ケイデンス100rpm以上を保つように注意して20kmほど流したが、特に痛みもないので、100rpmのケイデンスは意識しつつトルクも重視する感じで80kmほど走ってみた。

途中、クムサン・ジンセン・アジアの奈良選手らしいローディとすれ違った。
手を上げて挨拶したいところだったけど、ダンシングしてたので会釈のみ。


今シーズン多用してる一周84kmの練習コースは、先月のベストタイムと変わらないペースで回ることが出来た。
平均パワーは199.9w。左ふくらはぎは痛みも違和感も無い。

念のためにシャワーの後に湿布を貼っておいた。


修理に出していたウィンターグローブが、綺麗に縫製し直されて戻ってきた。
先月、指の股が2cmほどほつれて穴があいているのに気付き、メーカーのカスタマーセンターへ相談したところ修理となった次第。


夜、長女につきあって文楽観賞。狭い座席で足が窮屈なのは辛かった(苦笑)。
文楽、なかなか興味深かったが、地元の人形浄瑠璃の方が語りは聞き易くて筋に悩まないよな。
それにしても、太夫の語りにかぶるような拍手はいい加減にして欲しいものだ。特に地方公演では、通の方が少数派。
ファンの独りよがり的な拍手やかけ声は遠慮するのが、通のたしなみではなかろうか。

|

« 酷い痛み | トップページ | 春の迎え火 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/47787455

この記事へのトラックバック一覧です: 左ふくらはぎ痛は癒えた:

« 酷い痛み | トップページ | 春の迎え火 »