« 初日の出 2010 | トップページ | 正月ポタリング 2010 »

2010.01.01

鷲宮神社へ初詣

鷲宮町にて

元旦、うっ!さんの発案で埼玉県鷲宮町にある鷲宮神社へ初詣へ行った。

カナちゃんが車を出してくださるというので、ボクはキャリーミーで鷲宮駅まで自走して合流し、帰りが暗くなったら乗せて貰おうってあまい考えで参加した。


「らき☆すた」というアニメーションの人気キャラクターが神社の娘という設定で、その神社のモデルが鷲宮神社。
ユーチューブを通じて大ヒットしたオープニングタイトルにも描かれている。

ファンにクローズアップされて参詣者が急増した。
さらに埼玉県や埼玉新聞、地元商店街などがPRを後押しして町興しになったようだ。

アニメ放送前の2007年に9万人だった三が日の参拝客は、2008年の正月には30万人となり、2009年は42万人まで増えたのだそうだ。

今年、周辺市町村との合併で鷲宮町の名が消える。
鷲宮神社まで初詣へでかける動機も増した。

環八-笹目-新大宮バイパス-R16-埼玉県道3号というルートで所用距離50kmの予定だったが、忘れ物に気付いて戻ったり、R16で行き過ぎて県道322を戻ったこともあって、12kmほど余分に走った。久喜を過ぎたあたりからは向かい風にも悩まされる。
それでも、予定通り昼には鷲宮へ到着。
久喜に車を置いて、東武伊勢崎線を一駅乗ってきたカナちゃんたちを5分ほど待って合流できた。

時計は午後一時をまわっていたが人の波はゆったりとしていて、拝殿まで80分ほどかけてのんびりと進む。

鷲宮神社の参道は西南西に伸びているが、拝殿は南南東を向いている。
拝殿の後背に二つの本殿がある。拝殿から向かって左が鷲宮神社本殿、右は別宮神崎神社とのことだ。
また、拝殿を挟んで神楽殿があり、元旦のこの日は歳旦祭の神楽奉納があった。

参詣者は意外に長い参道を西南西へと進み、右へ直角に折れて北北西に向かって参拝する。

勉強に励んでいる長女にお守り、鷲宮産のお煎餅を家族へ、そして「らきすた」特集の埼玉新聞や号外、特別住民票ってのをみーちゃん氏へのお土産。

元旦の鷲宮神社は神楽奉納があったり、福娘は皆美人ぞろいだったりと、新年早々眼福至極。

帰路は首都高の新しい山手トンネルを堪能できたりと、カナちゃんとうっ!さんには感謝しきりです。
ありがとうございました。

尚、キャリーミーでの走行記録はこちら

|

« 初日の出 2010 | トップページ | 正月ポタリング 2010 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/47215077

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲宮神社へ初詣:

« 初日の出 2010 | トップページ | 正月ポタリング 2010 »