« 体重はなかなか減少しないものだ | トップページ | 人生の目標を決めたら諦めない »

2010.01.28

Garmin Forerunner 305 test screen

ガーミンForerunner 305 (ForeAthlete305)は“enter”ボタンを押しながらを電源を入れると、自己診断モードとなる。

“Bravo Version”はGPSレシーバーを指すらしい。Forerunner 305は仕様書でSiRFstarIIIと記載しているので、“204”は“SiRFstarIII”のことだろう。

画面に“Temperature”とあるが、起動毎にこの値はかなり変わる。温度センサーは無いが、工作して追加できれば機能するのかも知れない。

“BEEP TEST”の“FREQUENCY”は、ビープ音の周波数。上下ボタンで500Hz刻みで音程を可変できる。

画面3つ目の“Bmap”は、地図格納用のメモリーのことらしい。Forerunner 305に地図表示機能は無い。

心拍もケイデンスも255の値になっている。8bit当ててるってことだろう。
心拍計は誤動作すると240bpmとかの値が記録される。しかし、ケイデンスはGSC10のセンサー上でマグネットを振ってみても180rpmまでしか出力されない。

速度はGSC10とリンクさせると、テストスクリーンでもきちんと表示がある。
フットポッドは持っていないので不明。

あとは液晶テスト用の画面が何ページかあったりする。

|

« 体重はなかなか減少しないものだ | トップページ | 人生の目標を決めたら諦めない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/47415940

この記事へのトラックバック一覧です: Garmin Forerunner 305 test screen:

« 体重はなかなか減少しないものだ | トップページ | 人生の目標を決めたら諦めない »