« 3本ローラー | トップページ | コメリ≠ルコック »

2010.01.18

冬型緩みおぼろ雲

気温5度から9度。

このあたりは東に赤石山脈、西には木曽山脈の峰峰の壁があるため、北風でも南西から入ってきて北へと抜けてゆく。

昨日よりも風は強かったが、湿った空気を感じた。顔が痛くならない。
これから数日間は、冬の厳しさも緩むそうでありがたい。

今日はミドルレイヤーに裏起毛の長袖ジャージ(ポラリス・フュージョン)、アウターにはキャノンデールSHELTERモーフィス・シェルを使った。
ボトムはL.E.マックスタイツ

SHELTERモーフィス・シェルは雨合羽みたいな素材のジャケットで、袖だけを脱ぐとベストになる。
留め金はマグネット式なので、袖だけを脱げば勝手に外れるし、着れば勝手に固定されるのが便利だ。
袖を脱いでバックポケットに収納すると、背中はメッシュだけになってベンチレーションもよく効く。

ポケットはすべてジッパーにフラップまであって、袖をつければ耐候性も高い。だから、保温性能もそれなりに高い。
走りはじめはジャケット状態で着て、心拍が上がってから袖を外しベストにする。
カラーに白・黒のコンビがあったなら、もっと使い勝手よかっただろうにね。それが惜しい。

尚、USサイズウェアでもこれは一回り大きめ。キャノンデールのUSサイズはMを選んでいるのだけど、Sサイズで充分だった気がする。


今シーズン好んで使っているブーティーは、氷点下近い気温でも調子がよい。

Lサイズ(アマゾンではXと表示)の大きさと、サイドジッパーにウェアを毛羽立たさない特殊な面ファスナー(ベルクロ)の組み合わせが良いのだろう。この手の製品としては脱着も容易で耐久性も高そうだ。

|

« 3本ローラー | トップページ | コメリ≠ルコック »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/47328849

この記事へのトラックバック一覧です: 冬型緩みおぼろ雲:

« 3本ローラー | トップページ | コメリ≠ルコック »