« 雪降る前に | トップページ | 雪の中で »

2009.12.17

ソフトコンタクト消毒液、6製品「殺菌力不十分」

コンタクトレンズ MPSタイプの一部消毒液、効果不十分
12月16日23時26分配信 毎日新聞

というニュースがあった。


<消毒効果が十分でない>

 コンプリートダブルモイスト(エイエムオー・ジャパン)▽バイオクレンゼロ(オフテクス)▽シードゥソフトケア(シード、日油)▽フレッシュルックケア10ミニッツ(チバビジョン)▽オプティ・フリープラス(日本アルコン)▽ロートCキューブソフトワンモイストi(ロート製薬)

<過酸化水素などと同等効果>

レニューマルチプラス(ボシュロム・ジャパン)▽エピカコールド(メニコン)


ジョンソン&ジョンソンのアキュビューを使用していて、マルチパーパスソリューション(MPS)をボシュロムのレニューマルチプラスからロートCキューブソフトワンモイストへ変えてから結膜炎が見られるようになった。

同時に購入した、シードゥソフトケアへ変えたのだが、症状の改善はなかった。

今回の国民生活センターの発表を見れば、原因がMPSの消毒効果の違いであったことが予想できる。


しかし、MPSタイプの消毒液は、酸素が直接レンズを通り目に優しいと言われる次世代ソフトコンタクトレンズ素材「シリコンハイドロゲルレンズ」と相性問題を引き起こすことが知られている。

MPSの消毒成分が原因とみられる角膜上皮障害(角膜ステイニング)が発生し、その度合いはシリコンハイドロゲルレンズとの相性によって変わるのだそうだ。

http://www.staininggrid.com/

今回の殺菌力不十分という問題は、角膜ステイニングを意識した成分調整により、MPSの性能差として現れたようにも思える。

http://www.staininggrid.com/によると、アキュビューとレニューマルチプラスとの相性は悪くないようなので、結膜炎症状に悩まされなかったレニューマルチプラスへ変えることにした。


-2010年2月23日 追記-

MPSをレニューマルチプラスへ戻してから2ヶ月。結膜炎の症状はすっかり無くなった。
レンズとの相性も良いようで、ロートCキューブソフトワンモイストを使っていた頃よりも、機械的な保ちが良くなった感じ。

|

« 雪降る前に | トップページ | 雪の中で »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/47042882

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトコンタクト消毒液、6製品「殺菌力不十分」:

« 雪降る前に | トップページ | 雪の中で »