« イタリア製ハンドメイドバイクフレーム | トップページ | Specialized Toupe »

2009.12.14

Cannondale Booties

昨シーズンはシマノのウィンターシューズSH-MW02を使っていたが、足の甲を押さえるベルクロが弱いのか足首がホールドされずに爪先がインナーに当たって親指の爪が黒くなってしまった。

我慢できる痛みだったものの、爪が治るまで半年掛かるため、今シーズンは冬用のシューズカバーをロード用シューズに被せて使ってみることにした。

冬季用のシューズカバーも各社から多数リリースされているが、キャノンデール9M431 ブーティーを購入した。

サイズはL/XLで、27cm~29cmのシューズに対応している。

ネオプレーン地の防風保温素材で、サイドジッパーとトップのみベルクロ止め。

使っているシューズはシマノサイズ43なので、無理なくジャストフィットだった。

クリートはルックのデルタだが、ペダルへの脱着も問題ない。


気温7度、快晴のもと60kmほど山岳コースを走ってみた。足が蒸れて暑い。
週末は昼間でも氷点下になりそうなので、再び効果を確認してみよう。

併せてゴールドウィンのウィンターグローブを買ってみたが、こちらも気温7度の晴天で使うには大袈裟だった。

LSDあたりなら、ちょうど良いのかも知れない。心拍を上げてのトレーニングでは、もう少し気温が下がらないと汗ばみ過ぎてしまうようだ。
このあたりは、個人差だけどね。

|

« イタリア製ハンドメイドバイクフレーム | トップページ | Specialized Toupe »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/47020803

この記事へのトラックバック一覧です: Cannondale Booties:

« イタリア製ハンドメイドバイクフレーム | トップページ | Specialized Toupe »