« 秋晴れサイクリング | トップページ | 台風一過の大平街道 »

2009.10.05

地球一周のはなし

2006年1月1日から記録している自転車での走行記録が、先週の土曜日で40,000kmを超えたことを記事にした。

走行記録は、当初はカシミール3Dの断面図機能で記憶している走行ルートを計っていた。
タイヤ周長と回転数や、GPSを利用したサイクルコンピューターを導入してからは、取得された走行ログを記録してきた。

そのような記録なので、走行距離の合計には誤差がある。しかし、買い物のためのちょい乗りのようにログを取らなかったものも多いから、実際には記録以上の距離を自転車で移動したことだろう。

さて、メートル法では、もともと子午線の4万分の1が1mと定義されていた。
この場合の子午線とは、広辞苑の文章を借りると、『「子」は北、「午」は南の意。地球上の一地点と地球の南北極とを含む平面が地球表面と交わった大円。』と説明されている。

地球は自転しているため、その遠心力の影響を受けて潰れているようで、子午線よりも赤道の方が長い。

また、「1秒の299792458分の1の間に光が真空中を伝わる行程の長さを1mとする」と、メートル法の定義が変わったことや、測量技術の向上によって、現代では地球の子午線は約4万9km、赤道は約4万77kmであるのだそうだ。

もっと赤道は長いものだと思っていたが、意外に地球はまん丸に近いのだなぁと感心した。

今、走行記録の累計は4万139km。赤道の長さで比べても、地球1周した勘定だ。
あと何周できるかはわからないが、楽しんで走ろうと思っている。

それでも目標として、月まで往復としようかね。って、片道でも厳しいか。
片道でも達成できたら、月面に散骨してもらおうか(笑)。

|

« 秋晴れサイクリング | トップページ | 台風一過の大平街道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/46402540

この記事へのトラックバック一覧です: 地球一周のはなし:

« 秋晴れサイクリング | トップページ | 台風一過の大平街道 »