« 梅雨空ふたたび | トップページ | 遠い海 »

2009.07.18

雨間の花火

雨が降る。雨が降る。

牛乳パックで作ったキャンドルライトに絵を入れながら、窓辺を眺めて溜息をつく子供たち。

梅雨明けしたよね? どうして雨なんだろう。

大手町の一角で、誰かが頭をかきむしっているかもね。希望的観測(笑)。


今日は、幼稚園の花火大会。親たちは準備でちょっとだけ多忙だ。

公園での開催を見送り、園で行うことになった。


昼過ぎに雨が上がった。

アトラクションは園で、花火は公園で行うことに。

何十年ぶりかで、濡れたグラウンドを雑巾で拭いた。学生時代、濡れたテニスコートの水を雑巾で取ったものだ。
意外によく水を吸い取ることができる。


園の礼拝堂で行われたコンサートは、とても楽しかったようだ。

浴衣やじんべえの子供たちも可愛い歌を披露したそうで、見られなかったのは残念だった。


キャンドルライトも綺麗に灯った。子供たちの歓声に、大人たちも満足したことだろう。

花火の段取りも良く、市販のものながらなかなか派手な演出となった。

点火役の息が随分と合っていた。特別に段取りをしていた訳ではないのだが、互いに注意を向けていれば、自ずと息は合うものだな。


梅雨空のお陰で段取りが変わったが、それが功を奏したようで、今年は特に評判の良い花火大会となったようだ。

子供たちが楽しめたなら、それが一番。

|

« 梅雨空ふたたび | トップページ | 遠い海 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/45674276

この記事へのトラックバック一覧です: 雨間の花火:

« 梅雨空ふたたび | トップページ | 遠い海 »