« 猛暑もどこ吹く風 | トップページ | 雨間の花火 »

2009.07.18

梅雨空ふたたび

週末を狙い澄ましたかのように、全線が活発化した。

雨が降る。

昨夜のツール・ド・フランス第13ステージも冷たい雨だった。

雨の下りで抜群のパフォーマンスを発揮したハウスラーが単独ゴール。

思わず溢れた涙に顔を覆い、そして高々と上げた両手は、雨の山岳を越えたにもかかわらず素手だった。


雨なので走っていない。

代わりに、アディクトとチタニオをすこしいじった。


アディクトはBBあたりから異音がしている。

シーズンを終え仕舞う前に走った14日、異音に気付いた。

シッティング、ダンシング関係なくギシギシいうので、チェーンリングのフィキシングボルトの弛みをはじめに疑った。

ダンシング時だけ異音がある場合は、BBの弛みを疑う。逆にシッティング時だけなら、シートポストやサドルの固定部を最初に疑う。

案の定、フィキシングボルトに弛みがあった。

雨間を見て試走したところ、異音はすっかりと消えた。洗車して、仕舞うことにした。


チタニオはリアのブレーキシューを換えた。

あと1mmシューが削られれば、リムが舟にあたるほどに減っていた。

併せて、リアスプロケットを12-25tへ戻す。

先日11-23tへ交換したが、ロックリングが12t用だったので11tが使えない状態だった。海の日にチタニオを使う予定なので、正常に使用できる12-25tへ再び交換した次第。

20日は雨も無さそうだし、体調が良ければ300kmほどのロングライドをする予定だ。

|

« 猛暑もどこ吹く風 | トップページ | 雨間の花火 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/45666100

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空ふたたび:

« 猛暑もどこ吹く風 | トップページ | 雨間の花火 »