« 深夜の緊急連絡網 | トップページ | 沈胴式レンズの宿命? »

2009.06.16

緊急手術

と言うにはちょっと大袈裟だが、保険点数としては手術なんだね。

お昼に長男S氏が石段でつまづいて、前歯を折った。と言うか、脱落した。
出血はそこそこ。

口をゆすがせて、家族行きつけの歯科医へ電話したところ、すぐに来てくださいとのこと。

抜けた歯を持って行くと、麻酔をかけてから持参した歯を専用の接着剤で付け直してくれた。

骨折が治るように、脱落した歯でも状態が良ければ付け直すことができるそうだ。初めて知った。

抜けた歯を洗わないこと。歯根の周りにある歯根膜というものが生きているかどうかが、付け直せるか否かの鍵となる。
洗ってしまうと、歯根膜は死んでしまう。一番良いのは、牛乳や唾液に浸けて歯医者へ持参することだ。そうすることで、数時間は歯根膜を生かしておけるらしい。
医者へはできるだけ早く行く。

明後日、再び診察へ行く。上手くすれば付いているだろうとのこと。

驚きの方が痛みに勝ったのか、S氏はあまり泣かなかった。
病院でもまったく泣くことなく処置を受けていたのは健気。夕方に一眠りして、今は元気に遊んでいる。


新型インフルエンザ関係の連絡網は、その後も何回か回ってきた。
14日の資源回収に患者が参加した小学校は、幼保同様に20日まで休校となった。
20日の土曜日は、当地の休日参観日になっている。

娘たちの通う小学校では、明日から体温の測定結果をカードに記して持参するよう要請があった。
その結果を参考に、20日の参観日を取り止めるかどうか決めるらしい。しかし、そんなのが参考になるのか?

行政は緊急保育所を1箇所開くことにしたようだ。
当然の対応だろうが、とても広い行政区に1箇所では、早朝から夜までと保育時間を延長してもらえないと利用が難しいだろうな。

|

« 深夜の緊急連絡網 | トップページ | 沈胴式レンズの宿命? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/45359672

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急手術:

« 深夜の緊急連絡網 | トップページ | 沈胴式レンズの宿命? »