« 甲信越スポーツサイクリング・コースガイド | トップページ | ツール・ド・激坂 Part 2 Produced by 浅田顕 »

2009.04.25

富士チャレンジX中止をいいことにシクロパビリオンへ

坂隊の隊長さんとキタさん、Shimo-3さんとで、富士チャレンジX耐久レース7時間ソロをエントリーしていた。
Shimo-3さんは仕事の都合でDNSを決めていたので、3人で早朝から富士スピードウェイへと向かった。

天候は雨予報。強い風と1時間あたり10mmを超える強い雨となっている。

3時に出たが、雨は降っていなかった。
甲府を過ぎたあたりから小雨がぱらつき、東富士五湖道路では濃霧。これは駄目かなって感じ。

そう言えば、4時に実施の可否がインターネットで告知されることを思い出し…。で、中止と知った。

富士スピードウェイまでは5kmという場所だったが、開場も無いと踏んで引き返し、東松山のシクロパビリオンへ遊びへ行くことにした。

後から知ったが、富士チャレンジXへ招待されていた元プロロードレーサー(梅丹本舗GDRエキップアサダ)のこ~ぢさん(福島康司)は、富士スピードウェイまで来た参加者のために屋根のある場所を借りて、フォームチェック教室などを開くサービスにつとめていたそうだ。
相変わらず、ファン思いの方です。


雨は本格的に降っている。外環道から上越道へと入って、東松山のシクロパビリオン(写真は日曜日の朝に撮ったもの)へ。
ちょうど浅田監督がいらっしゃって、雨の中で待つことなく入ることが出来た。

生憎の雨でサイクリングイベントは中止だが、乗車講座などが予定されているとのこと。
折良く今日は感謝イベントで、施設利用料等無料とのことで、浅田監督による自転車講座と、清水都貴選手が日本人として初めてUCIカテゴリー1のツアーレースを制して話題となった2008年のパリ・コレーズのビデオ観賞とその解説を楽しんだ。

梅丹本舗GDRエキップアサダ代表の浅田さんは、とても物腰やわらかで腰が低く、誰に対しても丁寧で、かつ説明やお話は理路整然としていてわかりやすい。
しかもハンサムで、今年の髪型は特にいけてます(笑)。(写真は角度がイマイチでわかりづらいですけど)

開所初年となる今年は、浅田監督主催のイベントがかなりあるので、是非参加されることをお薦めします。

夕方にはこ~ぢさんも戻られて、夜は東松山名物の焼き鳥“かしら”を肴に、懇親会がありました。


体調の問題もあって、富士チャレXの準備はそれほど出来ていなかったが、雨の中でも走る気満々ではあった。
改修されて素晴らしい路面となっているそうで、それも楽しみだったから、試走も出来ずにUターンするのは何だかなぁって感じ。

しかし、シクロパビリオンへ行って、そんなわだかまりや不満も霧散してしまった。
明日のグループライドも申し込んだし、天気予報も明日は晴れだ。良い週末になりそうだ。

|

« 甲信越スポーツサイクリング・コースガイド | トップページ | ツール・ド・激坂 Part 2 Produced by 浅田顕 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/44809480

この記事へのトラックバック一覧です: 富士チャレンジX中止をいいことにシクロパビリオンへ:

« 甲信越スポーツサイクリング・コースガイド | トップページ | ツール・ド・激坂 Part 2 Produced by 浅田顕 »