« GARMIN Forerunner 310XT | トップページ | 中川村、西丸尾のしだれ桜 »

2009.04.09

MET Parachute

顔面の骨折部を保護できるように手配したフェイスガード付きヘルメットが昼過ぎに届いたので、久しぶりに走ってきた。

イタリアMETブランドのParachute(パラシュート)というモデルで、フリーライド用としてリリースされている製品。

シェルはロード用よりも厚く固い樹脂製だが、大きさはロード用とほぼ同じ。
フェイスガードは着脱式の強化プラスチック製。

ヘッドアジャスターやストラップは、ロード用と同じものが使われている。

ごついサンバイザーは外した。
写真の状態で、565g。重いけど、フルフェイスタイプとしてはとても軽量だ。

被るときに頬骨を圧迫する様なら使えないと思ったが、触ること無く着脱できる。
フィット感も抜群で、インナーパッドが少ない割にぴったりと収まった。しかし、頭骨が歪らしく、センターが右にずれるけどね(苦笑)。

気温23度、快晴。3~5m/secの南風が吹く中、南北往復するコースを55kmほど走ってみた。
シェルにもフェイスガードにも充分なエアインテークがあって、普段使っているロード用ヘルメットに比べて蒸れるとか暑いって印象は無かった。

しかし、重さは気になる。
ロード用ヘルメット2個分の重量は、前傾するロードポジションでは首に疲労がくる。

フェイスガードの形状が巧みなのか、ロード用に比べて視界が狭いということは無く、重さを無視すればフェイスガードの存在を意識しなくて良い程。
ところが、ボトルから水を飲もうとすると、飲み口を歯でリリースするのは難しい。
キャメルバックのポディウムなら問題なく使用できるので、パラシュートをかぶる時はポディウムボトルを使うことにする。

しばらくロードで使ってみようと思う。重さに慣れることができれば、結構距離乗れるかな。

|

« GARMIN Forerunner 310XT | トップページ | 中川村、西丸尾のしだれ桜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/44617097

この記事へのトラックバック一覧です: MET Parachute:

» 自転車サンプル計画 Helmet Switch Blade [:: U :: 自転車改造計画]
via The New York Times NYのメッセンジャーのMmike Dee。 このメット、、、超ツボ。 via BikeAction(割れてる!) ちょっと古めのロードバイクのヘルメットにチンガードを合体。 MTBのよりもちょっとライト。 ドロップハンドルでこういうタイプのメ... [続きを読む]

受信: 2009.12.29 10:20

« GARMIN Forerunner 310XT | トップページ | 中川村、西丸尾のしだれ桜 »