« Cycle & Train | トップページ | MET Parachute »

2009.04.08

GARMIN Forerunner 310XT

ガーミン Forerunner 305の後継モデルとなるだろうForerunner 310XTがリリースされた。

Forerunner 305との大きな違いは、可動時間が倍の20時間となり、防水性能もIPX7から水深50mへと向上して、スイムに完全対応した点。
これらの性能アップにより、アイアンマンレースに対応できる仕様となった。

外形も若干小型化、重量は5g軽量化された。
リストバンドを外して、専用のバイクマウントへワンタッチで取り付ける機能もある様だ。

また、Edge 705同様にANT+Sport対応のパワーメーターをサポートしている。
更に、Forerunner 405で採用されたANT用USBドングルをサポートして、PCとの通信も無線化されている。
そのため、内蔵電池の充電も電磁誘導コイルを使った非接触方式となった様だ。

残念ながら、Lap履歴数や登録できるウェイポイント数は変わっていない。
また、1つのデータログでのポイント数の制限の有無に関しても、仕様には記されていない。

消費カロリー計算は、心拍値も考慮する仕様に改められた様だ。


しかし、Forerunner 305では可能だったルート設定が、Forerunner 310XTでできない様になっている可能性がある。
というのも、“Maps & Memory”の仕様値で“Routes”の項目が、50ルートから0と無くなっているのだ。

ナビ機能はレース機材としては無くても良いものだが、ロングライドイベントやサイクリングでは重宝する。

実質後継機種となるのであれば、Forerunner 305の機能は総て残して欲しかったな。

|

« Cycle & Train | トップページ | MET Parachute »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/44604285

この記事へのトラックバック一覧です: GARMIN Forerunner 310XT:

« Cycle & Train | トップページ | MET Parachute »