« LSDトレーニング | トップページ | 初めての骨折 »

2009.03.08

Allez ポジション微調整、他

昨日は午前中にLSDで100kmほど走り、午後からはアレーのポジションを少し直したので60kmほど試走した。

アディクトに倣ってハンドルをしゃくり、STIを立てた。
こちらの数値は、ハンドル位置を変更した後のもの。

アディクト組み立て時にアレーのフォークコラムを切り詰めたが、ヘッド周りにガタを感じたので組み直してもいる。

ブラケットの位置の変更は良い感じ。しかし、ハンドルの撓みが気になるようになった。
ヘッド周りは剛性が上がって、下りのコーナーが楽になった。アディクトほど楽には下れないけどね。


さて、サイコンガーミンForerunner 305 (ForeAthlete305)とスピード/ケイデンスセンサーの組み合わせへ換えた。

先日、アディクトとアレーそれぞれに取り付けたセンサのペアリングを行ったが、今日はバイクプロファイルの変更だけで、それ以上は特段手続きなくケイデンスが表示されるようになった。
仕様通りだが、良くできているな。

アレーはチェーンステーが他のバイクよりも内側へ絞られている様で、チタニオやアディクトの様に、ホイールに付けたマグネットを感知するスピード用センサーのブームをチェーンステー方向へ倒して取り付けるとマグネットに干渉してしまう。
仕方ないので、ブームを立てて設置した。外側へ出っ張る訳ではないので、なにかに引っ掛けてしまうことはまず無いだろうが、目に付くのが気になる(苦笑)。

|

« LSDトレーニング | トップページ | 初めての骨折 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/44276324

この記事へのトラックバック一覧です: Allez ポジション微調整、他:

« LSDトレーニング | トップページ | 初めての骨折 »