« クランク交換 | トップページ | RD交換 »

2009.01.27

ボトルケージ台座を追加する

トレーラーバイクにはボトルケージ台座が無いので、ボトルを取り付けるには工夫が必要だ。

ボトルケージ台座を追加するアクセサリーは、以下のように数多くリリースされている。

ところが、どれもこれも帯に短し襷に長しって感じのデザインばかりで、フレームにボトルケージ台座をシンプルに追加するってコンセプトが見当たらない。

ミノウラのボトルバンドセットが理想型に近いけど、金属バンドでフレームに傷を付けそうだし、バンドを締めるネジの部分が飛び出していてスマートじゃない上に怪我を誘発しそうだ。
取り付けできるフレーム径にも制約があろう。

これら問題を改善した商品は、Mt.Zefal(ゼファール)からリリースされている。
GIZMO 108という樹脂製バンドを採用した製品で、ボトルケージ台座にバンドを締め付ける機構を内蔵して、外観もすっきりしている。
反面、バンド長に制約があり、多くのフレーム径に対応するためにサイズ別に4種類が用意される。
ちなみに、ボトルケージ台座のネジも含めて樹脂製。


さて先日、ネット通販でGIZMOに代わるボトルケージ台座を見つけたので取り寄せてみた。

ボトルケージで有名なイタリアエリート(ELITE)社の“VIP bottlecage clips”という製品。
専門メーカー製らしく、GIZMOで気になる点がすべてクリアされている。

対応するフレーム径は25~50mmと、これ1つで4種類のGIZMO以上のサイズをカバーする。
ボトルケージを受ける台座のボルトは金属製。
ユニバーサルバンド方式ながら、締め付け機構は台座と一体になっていてスマートだ。

ただし、いかにもなユニバーサルバンドのデザインは、GIZMOに比べるといけていない(苦笑)。
そして最大の問題は、何故か日本では流通していないということ。

ピストやシクロクロスバイクなど、短距離種目用フレームはボトルケージ台座が無いものも多い。
そういった競技用フレームを街乗りにする需要があるわけで、“VIP bottlecage clips”のニーズは結構あると思うのだ。

|

« クランク交換 | トップページ | RD交換 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/43874737

この記事へのトラックバック一覧です: ボトルケージ台座を追加する:

« クランク交換 | トップページ | RD交換 »