« PC復旧は長期戦へ | トップページ | 大平街道の秋 »

2008.10.18

しらびそ高原と茶臼山の秋

午後から長野県売木村で行われるサイクリングイベントへお手伝いとして参加することになった。

この週末はすばらしい快晴が続く予報。
日曜日は幼稚園のバザーでサイクリングはできないから、しらびそへ登ってから売木へ行くことにした。

4時半起床。この季節特有の霧が出てきたけど、峠越えの間に消えてしまうだろう。
がっつり朝食をとって、6時ちょっと前に南アルプスへ向かって走り出した。

今日の脚の調子はまずまず。登坂も39-25tで充分。30tのフロントインナーはほとんど使うことがなかった。

しらびそ高原は紅葉が始まっている。高原の秋は短く、ここ一週間が見頃だろう。

お昼に売木村で落ち合う約束なので、それなりに踏んで走った。
御池山林道から下栗の葛折り、そして秋葉街道で南信濃和田へ出て、遠山名物「ふじ姫饅頭」殿町の茶屋で休憩。最高に美味しい蓬饅頭と蕎麦饅頭、そしてお漬け物をいただいた。
来週の10月26日日曜日、 恒例の「峠の国盗り綱引き合戦」が兵越峠で行われる。奇しくもジャパンカップサイクルロードレースと同日だ。今日のようにお天気に恵まれると良いね。

国道418号を売木村へと向かった。
早木戸川沿いを遡るコースは初めて走ったが、なかなか風光明媚。斜度も緩いし、サイクリングには良い感じ。

新野でコーラの500mlペットを買って補給。途中、走りながらアミノバイタルの200kcalタイプも1本飲んだ。
売木峠を越えようと山道へ入ったが、旧国道と間違えて林道へ入ってしまった。未舗装路になって引き返し、途中からコンクリート舗装の林道で売木峠方面へ抜けようとしたのだけど、途中から未舗装になり、更に熊笹が深くなって獣道の様相。自転車を担いで歩いたが、路肩を踏み外しそうで断念。素直に国道へ戻る。

トンネル内で坂隊のピエールさんとモトさんの車が追い抜いていった。
モトさんのピックアップトラックの荷台には、ロードバイクが積まれている。7台積載可能なバイクラックを自作されて、荷台に設置されていました。帰りは運んでくださるとのこと。

売木村の「ありがとう」で、今日のイベントをお手伝いするダイハツボンシャンス飯田の川村選手と坂隊メンバーとで昼食。
その後、売木村の村長さんをはじめとする主催の方々、そしてゲストの朝生つぐみさんと挨拶して簡単なミーティング。
イベントに集まった皆さんに混じって朝生さんの講演を拝聴してから、サイクリングコースを案内した。
電動アシスト自転車をはじめMTBやクロスバイクなど多様な車種で、のんびりと秋の売木村の風景を堪能。な筈だったでしょうね…。
愛知県側の林道を巡って茶臼山を周回するコースだったのですが、登り坂に慣れない方々には厳しかったようです。
10km/h以下のペースだったけど、平野部の丘越えとは趣が異なるヒルクライムは、初めての方には辛かったようだ。

特に長い下りは慣れないと大変らしい。下りのスピードを恐れて、必要以上にブレーキを掛け続けてしまう。その上、体重も普通以上にブラケットへ掛かってしまう。結果として、普段ではあり得ないほどに手が疲れる。
そう言えば、自分もそんな時期があった。でも、走り続けていれば。頑張れ!

結局、日没が迫って茶臼山周回は走れるメンバーだけとなった。

夜は慰労と懇親を兼ねて、皆でバーベキューを楽しんだ。
売木村最高!とても素敵な一日だった。

坂道自転車通勤隊隊長さんはじめピエールさん、モトさん、大変お世話になりました。ありがとうございました。

|

« PC復旧は長期戦へ | トップページ | 大平街道の秋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/42840509

この記事へのトラックバック一覧です: しらびそ高原と茶臼山の秋:

« PC復旧は長期戦へ | トップページ | 大平街道の秋 »