« ジャージ談義 | トップページ | 五座小屋峠 »

2008.09.06

南信州売木村サイクリング

坂道自転車通勤隊への依頼企画「長野県売木村でサイクリングコースづくり」に関連して、コース試走に参加してきた。

売木村役場で待ち合わせて、隊長さんはじめ、坂隊メンバー5人でサイクリングを楽しんだ。
参加された皆さま、お疲れさまでした。

GPSログに基づく記録はこちら

夕方から雨の予報だったのと、次女Y氏が風邪を引いたとのメールがみーちゃん氏からあったので、昼食後に先においとました。
天気の方は、結局夜まで降ることはなかった。お盆以後、週末の天気はイマイチだったので、今日は久しぶりに良い感じで気持ちよかったね。でも、湿度が高くて消耗したけど…。

今日走ったルートは上記のおよそ134kmで、南信州エリアの西半分を巡っている。
通過した名のある峠も5つと、そこそこなロングライド。
厳密にはパスハントしたわけではないけど、それでも峠5つってのは初めてかも知れない。
新野峠、売木峠、平谷峠、治部坂峠、寒原峠を通過した。

睡眠不足で体調がイマイチだったにもかかわらず、足が攣ったりしなかったのは幸いだった。
しかし、寒原峠から飯田方面へ続く7%勾配の7.5kmの下り坂で上半身が痙攣しそうになって、待避エリアで休憩をとった。
気温は24度程度と暖かかったのだが、大量の発汗に加えて長い下り坂が禍して、すっかり冷えてしまったようだった。

次女Y氏は、嘔吐と発熱で病院へ。夜になっても熱が高いので、解熱剤で落ち着いている。嘔吐は収まっているけど、ウィルスがお腹に落ちると下痢になるかもってことだった。
季節の変わり目で、朝晩と昼間との寒暖の差が激しい。入浴後とか、普段以上に注意しなければ。

Dist 133.91km,Time 06:02:32,Ave 22.1km/h,Max 61.2km/h

アレーのクランクを170mmから172.5mmへ延伸して以来、下り坂での恐怖心が増大したようだ。
コーナーリング中での外足の踏ん張りが弱く、不安になる。取り敢えずサドルをもう3~5mmほど下げて、山へ行ってみようと思う。

|

« ジャージ談義 | トップページ | 五座小屋峠 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28297/42400736

この記事へのトラックバック一覧です: 南信州売木村サイクリング:

« ジャージ談義 | トップページ | 五座小屋峠 »